2018年 10月 23日 (火)

爆笑太田、キズナアイに「生命を感じた瞬間は?」 愛あるVTuberイジりが高評価

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「バーチャルYouTuber」(VTuber)のキズナアイが、人気情報番組「サンデージャポン」(TBS系)にコメンテーターとして出演して、ネット上で話題になっている。

   その名の通りバーチャルのため、スタジオに置かれたモニターでの「出演」となった彼女。ツイッターでは、番組MCである爆笑問題・太田光さん(53)とのやりとりに注目が集まっている。

  • 番組出演後にツイート
    番組出演後にツイート

太田「マンガとして生まれたわけじゃないですか」

   キズナアイはCGキャラクターながら、2016年11月からYouTubeに動画を投稿。VTuberの代表的存在として活躍し、チャンネル登録者数は、18年7月15日12時現在で、約199万8000となっている。

   そんな彼女が7月15日、「サンジャポ」に出演した。ひな壇に縦長のモニターを並べての登場だったが、太田さんには異様な光景に見えたらしく、番組冒頭の紹介映像から、「ワイプ」には口をあんぐりとした姿が映し出される。その後、キズナアイに話が及ぶたび、目を見開いたり、ぼう然とした表情をしたりと、驚いているような反応を見せ続けた。

   番組後半には、VTuberについての特集が。キズナアイの略歴紹介VTRを見終わって、太田さんはおもむろに、こんな質問をした。

「たとえば......自分がマンガとして生まれたわけじゃないですか。マンガとして生まれて、その......『生命』というのを感じた瞬間はあるんですか?」

   これに対して、キズナアイは「マンガじゃない!」と否定しつつ、こんな大人の対応をする。

「私は一応AI(人工知能)なので、一昨年(2016年)の6月30日に、パッとこの白い空間で、『私って、私だなあ』って気が付きました」

   この後も太田さんは「過去の記憶」や「将来設計」などを聞き、田中裕二さん(53)から「深入りすんなよ!」とツッコまれる始末。エンディングの「太田光の本日のお詫び」コーナーでも、「キズナアイちゃん。本番とCM中の態度がぜんぜん違う」と指摘するなど、1時間半の番組中、終始「イジる」形となった。

ツイッター「一見失礼だけど...」

   サンジャポ出演の影響で、ツイッターでは7月15日午前、「キズナアイ」がトレンド入りしている。太田さんとのやりとりは、「見ててめっちゃ不快だった。老害みたいなことしてんな」といった反応もあるが、おおむね評価が高いようだ。

「キズナアイと太田名コンビになりそう」
「キズナアイと太田光だけで番組出来そうな気がする」
「よく分からない存在への接し方コントが面白かった」
「僕は優しさを感じた。一見失礼だけど、彼なりの愛なんだろうね」

   なお、キズナアイ自身も、

「みなさんプロっプロな上に、優しくしていただいて、本当に有意義な時間でした...! 横から見ると薄いキズナアイですが、また機会があったらよろしくお願いしますー!!」

と、番組終了後にツイートしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中