2019年 12月 6日 (金)

風邪気味なのにプール脇で2時間見学→熱中症で帰宅して倒れる 小学生の母親が怒りのツイート

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   神奈川県在住という母親が、小学生の息子(11)が風邪気味なのに灼熱のプールサイドで2時間も見学させられたのはありえないと、ツイッター上で訴えている。

   息子は、帰宅して熱中症で倒れたといい、学校側は、見学のあり方を見直すと母親に説明したという。

  • 灼熱のプールサイドは危ない?(写真はイメージ)
    灼熱のプールサイドは危ない?(写真はイメージ)

「元気な大人でも2時間外にいたら倒れそうなのに」

   全国各地で連日、最高気温が35度を超すような猛暑が続いている。この暑さで、愛知県内では、校外学習に行った小学1年の男子児童(6)が熱中症で死亡するケースも出て、社会問題になった。

   そんな中、神奈川県内のある市に住んでいるという「玲奈」さんが、自らのツイッター上で2018年7月18日、小学生の息子(11)が風邪気味だったのに2時間もプール見学をさせられたとして、「ありえない」と訴えている。

   ツイートによると、息子の小学校では、体調不良のときでもプールサイドで見学することになっているといい、風邪気味の息子は帰宅してから熱中症で倒れたと明かした。

「元気な大人でも2時間外にいたら倒れそうなのに。先生たくさんいて誰もおかしいと思わないのなぜ」
「担任先生も校長先生も、信頼できるちゃんとした人たちだと思ってただけに本当に驚いている」

   「玲奈」さんは、ツイッターでこう疑問をぶつけた。息子は、18日に学校を休み、現在は回復したそうだ。

   小学校に手紙を書くと、息子の担任から電話がかかってきた。そして、校長や教頭らがプールの見学について検討し直すと説明したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中