2018年 8月 14日 (火)

NEWS手越に「反省なし」の声 小山への「奴ら」発言に「それダメでしょ」

印刷

   「テンション低くしたら、奴らの思うツボだから」――。NEWSの手越祐也さん(30)が、未成年女性との飲酒による活動自粛から復帰した小山慶一郎さん(34)にかけた言葉が、ファンの間で賛否を呼んでいる。

   話題の発言は、2018年7月17日放送のラジオ番組「KちゃんNEWS」(文化放送)で飛び出した。番組冒頭、どこかかしこまった様子の小山さんに向けて、ゲストの手越さんが冒頭のように明るく告げたのだ。

  • 「奴ら」って誰のこと?
    「奴ら」って誰のこと?

「奴らの思うツボだからね、絶対ダメ」

   小山さんは6月7日発売の一部週刊誌に未成年女性との飲酒が報じられ、所属事務所から活動自粛処分を受けた。その後、わずか20日で芸能活動を再開。レギュラーラジオの「KちゃんNEWS」には、7月3日放送回で約1か月ぶりに復帰した。

   活動再開後3回目となる17日の放送には、手越さんがゲスト出演。番組冒頭、パーソナリティの小山さんが「ゲストはてごにゃんです」と紹介すると、

「ど・う・桃太郎~~!てごにゃんです。どうもどうも」

と独特のテンションであいさつ。これに小山さんは「いや、てごにゃん。いいですねぇ、来て頂いて」と嬉しそうに返していた。

   小山さんは続けて、「俺ね、今ね、非常にメンバーに会いたい...」とポツリ。すると手越さんは、笑いながら「ちょっとやめてよ!『KちゃんNEWS』をテンション低くやるのはやめてよ」。その上で、

「これテンション低くしたらね、なんか分かんないけど奴らの思うツボだからね、絶対ダメよ。ホントに、ホントに」

と助言したのだ。この意味深な一言に、小山さんは思わず「使いづれぇよ...」とこぼしていた。

「手越くんがそれ言っちゃうのダメでしょ」

   先の言葉に続けて、手越さんは「これもう、普段通りやってるのが一番いいワケですよ。ファンは喜んでくれるワケですよ」と補足していたが、一連の発言はファンの間で波紋を広げることになった。

   そもそも、手越さん自身も未成年女性との飲酒疑惑を「週刊文春」(6月21日号)に報じられたばかり。ただ、記事中で事務所は「(現時点で)事実関係は確認されておりません」と疑惑を否定。手越さんは報道後もメディア出演を続けている。

   それだけに、どこか挑発的にも聞こえる手越さんの「奴ら」発言をめぐって、ツイッターやネット掲示板には、

「奴らとか...自分の行動は全く反省無しなんだね。被害者モード全開じゃん」
「手越の奴らの思うツボ発言はマジないわ...いつからこんな自分のことしか考えられない人になったの?」
「小山くんを明るくするためだろうけど、手越くんがそれ言っちゃうのダメでしょ」

といった批判が続出。なかには、「全く反省してない」「救いようがないわ。悲しい」など呆れるような声もあった。

   一方で、手越さんの発言を好意的に受け取る向きも。ツイッターには、熱心なNEWSファンとみられるユーザーから、

「手越さんは3人のタテになってNEWSを守りたいんだよ」
「メンタルの強さに感動 手越は本当にNEWSの『強心臓』だなって思った」
「奴らの思うツボかっ、ふふふ 手越さん最高すぎて本当に神と人間のハーフなんじゃないかw」

との投稿も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中