2019年 10月 22日 (火)

盆踊りでボン・ジョヴィ曲 「若い世代の参加」めざし工夫アレコレ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」の楽曲「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」を使って盆踊りをしている動画がツイッター上で話題になっている。

   投稿によると、一風変わった選曲が行われたのは東京・中野区の「中野駅前大盆踊り大会」。調べてみると、この盆踊り大会はボン・ジョヴィに留まらず、あの人気グループのDJを招いた企画もあった。

  • DJ KOOさんのインスタグラムより。当日の様子。
    DJ KOOさんのインスタグラムより。当日の様子。

中野サンプラザ広場前で

   この選曲が行われた「中野駅前大盆踊り大会」は2018年8月13日と14日に、中野駅近くの中野サンプラザ広場前で催された。公式サイトによると13年に始まり、今年で6回目と新しい盆踊り大会だ。

   公式フェイスブックアカウントによると、13日にはダンス・ボーカルユニット「TRF」のDJ KOOさんが出演した。「EZ DO DANCE」や「BOY MEETS GIRL」といったTRFの楽曲を盆踊り風に振り付けしたものも行われたという。

   J-CASTニュースは8月15日、この大会の実行委員長を務めた日本民踊舞踊家の鳳蝶美成(あげは びじょう)さんに電話を通じて取材を行った。

   まず、ツイッターで話題のボン・ジョヴィの「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」が流れた理由について聞いた。

   14日の盆踊り大会で「BON DISCO DANCE大会」という大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」と提携した企画が行われていた。レコード会社との協議でヴィレッジ・ピープルの曲で西城秀樹さんのカバーで知られる「YMCA」やフランキー・ヴァリの代表曲でボーイズ・タウン・ギャングのカバーもヒットした「君の瞳に恋してる」などを流すと決めたという。

   当日は若手のディスクジョッキー「DJ CELLY」さんによる選曲で大会が行われ、その中で「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」が流れた。踊りはやはり、いわゆる盆踊り風の動きだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中