2018年 9月 25日 (火)

甲子園で「オリジナル応援歌」に反響 「球場を飲み込んだ」「めっちゃカッコイイ!」

印刷

   夏の甲子園に初出場した奈良大学附属高校のオリジナル応援曲「青のプライド」が、カッコいいとネット上で反響を集めている。

   プロ野球ロッテの応援歌で知られるジントシオさん(38)の作曲で、奈良大附は2回戦で敗れたものの、また聞きたいとの声が寄せられている。

  • ジントシオさんも感激のツイート
    ジントシオさんも感激のツイート

奈良大附の野球部員と打ち合わせて作詞・作曲

   ブラスバンドの演奏が重厚なイメージで始まり、サビに入ると、手拍子とともに「おおおお...」の大合唱になる。

   青のプライドは、奈良大附に得点機などが回ってくると演奏されるチャンステーマだ。

   朝日新聞の8月10日付ウェブ版記事によると、ジンさんが17年夏に初出場の早稲田佐賀にオリジナル曲を提供したが、奈良大附が18年夏の奈良大会でこの曲を「耳コピ」して演奏しているのを知って、楽譜を提供した。そして、野球部員らと話をするうちに別のオリジナル曲を作る方向になり、部員らと打ち合わせしながら青のプライドを作詞・作曲した。曲名は、スクールカラーにちなんだという。

   2018年8月15日の日大三(西東京)との2回戦でも披露され、総勢121人の吹奏楽隊が打ち鳴らすと、応援のボルテージは上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中