2018年 9月 25日 (火)

「無断RTやめて」は日本の国民性? ルールより「お気持ち」が大事なの

印刷

   自分のつぶやきを、無断でRT(リツイート)するのはやめてほしい――こんな「主張」をするアカウントがツイッター上で登場し、ネット上でちょっとした話題になっている。

   もちろんこの書き込みは、一斉に笑いのネタにされた。だが実のところ、インターネットの普及とともに、こうした議論はたびたび蒸し返されている。なぜだろうか。そこには、日本人の「国民性」も見て取れる。

  • 画像はイメージです
    画像はイメージです

「RTするって事は無断転載と一緒だから」

「なんでツイッターってマナーのない奴ばっかなのかな(中略)いいから無許可リプライすんな許可とれやバカども」
「てか本来なら無断でRTするのもやめてほしい ツイートは俺の著作物だから RTするって事は無断転載と一緒だから」

   こんなツイートが書き込まれたのは、2018年8月7日のことだ。投稿者はアカウントを作成したばかりの一般ユーザーである。

   RTにせよリプライ(返信)にせよ、ツイッターをツイッターたらしめる、根幹機能といっても過言でない。それを「許可とれ」というのは、いかにもナンセンスである。この書き込みはたちまち晒し上げを食い、「馬鹿なの? それがTwitterだよ」「ならツイートしなかったらいいじゃないですか」「利用規約も読めないのか」といった「無断リプライ」が殺到、RTも13日までに3000件を超えた。

   その後、投稿者はツイートが「釣り」だったと明かしている。本気で「無断RT禁止」とはさすがに考えていないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中