2018年 9月 25日 (火)

松坂大輔はなぜ甲子園で強いのか 「20年前の投げやすさはなかった」と語った裏の決意

印刷

   中日の松坂大輔投手が13日、甲子園球場で行われた阪神戦に先発し、今季6勝目をマークした。38歳の誕生日となったこの日は、5回を投げ95球5安打1失点。公式戦の甲子園のマウンドは、2006年6月9日以来12年3カ月ぶりで、日米通算170勝目となった。

   20年前の1998年9月13日。この日も松坂は甲子園のマウンド上にいた。AAA野球選手権の決勝戦。台湾を迎えての一戦で松坂は完投で勝利し、大会MVPに輝いた。投球内容は20年前には遠く及ばないものの、ヒーローインタビューでは「勝てて良かったです」と2度目の甲子園バースデー勝利を素直に喜んだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

松坂が残した甲子園での伝説

   松坂は甲子園を「特別な場所」という。横浜高校時代、春夏連覇の偉業を成し遂げた「平成の怪物」は、甲子園で負けたことがない。150キロを超えるストレートを武器に11試合に登板し、10試合で完投。うち6試合が完封勝利で、99回を投げて奪った三振は97。防御率は驚異の0.78と、怪物ぶりをいかんなく見せつけた。

   今でも伝説として語り継がれるのが、夏の大会でのPL学園との準々決勝戦。PLのエース上重聡(現日本テレビアナウンサー)と投げ合った一戦は、延長17回までもつれる壮絶なものとなり、松坂は17回を一人で投げ切り250球の完投勝利を挙げた。決勝戦では京都成章高相手にノーヒットノーランを演じ、チームを優勝へと導いた。甲子園の決勝でのノーヒットノーランは史上2人目で実に59年ぶりの快挙だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中