2019年 10月 15日 (火)

皇后さま効果で問い合わせ殺到 英小説「ジーヴス」、出版社「一日で数千冊の注文が」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
「皇后さまもジーヴスがお好きなんだ!」「ジーヴスという執事が登場する小説?興味がわく」――

   皇后さまが公表された「お言葉」の中で、予定されている天皇陛下の退位後に公務を離れてから「楽しみにしている」ことについて読書を挙げ、さらに「ジーヴスも二、三冊待機しています」と触れられたことを受け、「執事のジーヴス」に関心が高まっている。「世界最高のユーモア小説」との評もある英国作家の人気シリーズで、日本語版全訳を出している出版社へは早速、問い合わせや注文が殺到している。

  • 執事のジーヴスが大活躍する『比類なきジーヴス』(国書刊行会)
    執事のジーヴスが大活躍する『比類なきジーヴス』(国書刊行会)

宮内記者会の質問に文書で回答

   皇后さまは、84歳のお誕生日に合わせて、宮内記者会の質問に文書で回答された。2018年10月20日付朝刊で、全国紙各紙が回答文(お言葉)の全文を掲載した。この中で、読書好きや推理ものファンを刺激する箇所があった。「公務を離れたら何かすることを考えているかとこの頃よく尋ねられるのですが(略)」として、

「手つかずになっていた本を、これからは一冊ずつ時間をかけ読めるのではないかと楽しみにしています」

と読書を挙げ、さらに、

「読み出すとつい夢中になるため、これまで出来るだけ遠ざけていた探偵小説も、もう安心して手許(てもと)に置けます。ジーヴスも二、三冊待機しています」

と「ジーヴス」に言及された。

   毎日新聞記事では、本文でもこの箇所を紹介し、「ジーヴスは英国の作家、P・G・ウッドハウスの作品に出てくる執事の名前だ」と説明を加えた。

   こうした報道が出ると、ツイッターには

「皇后さまもジーヴスがお好きなんだ!」
「おおージーヴス!あの執事さん良いよな」

と、ジーヴス・ファンからの反応が相次いだ。中には、

「ジーヴスという執事が登場する小説?興味がわく」

と、読んだことがない人からの感想も寄せられた。

   ジーヴスのシリーズは、イギリスの作家、P・G・ウッドハウス(1881~1975年)の代表作で、お気楽な「ご主人」バーティーに仕える天才執事ジーヴスが、様々なトラブルを解決していくストーリー。日本語訳では、国書刊行会による「シリーズ全14冊」があり、文春文庫でも数冊の翻訳(文春版では「ジーヴズ」表記)がある(翻訳者は国書刊行会版とは異なる)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中