2020年 1月 29日 (水)

4階級制覇めざす井岡一翔 井上尚弥との「決定的な差」とは

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ボクシングの世界3階級王者の井岡一翔選手が、大みそかにマカオで世界戦を行うプランが浮上している。WBO世界スーパーフライ級3位にランクしている井岡選手が、同級1位ドニー・ニエテス(フィリピン)との王座決定戦に出場するもので、日本人史上初の世界4階級制覇がかかる。

   井岡選手は昨2017年の大みそかに引退を発表し、父・一法さんが経営するジムを退会。一度は完全にボクシングから離れていたが、今年9月に海外のプロモーターと契約し米国のリングで復帰し、世界ランキング入りを果たした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

3団体の王座統一を目指す井上選手

   井岡選手が世界4階級制覇を目指す一方で、高額賞金トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」に参戦中のWBA世界バンタム級王者・井上尚弥選手は、3団体の王座統一を目指している。

   日本の誇る軽量級の実力者は、それぞれ違う路線を歩むが、海外での評価は井上選手が圧倒的に高い。

   井上選手、井岡選手ともにボクシングの本場である米国でリングに上がったのは1度だけ。井上は2017年9月、WBO世界スーパーフライ級王座の6度目の防衛戦でアントニオ・ニエベス(米国)を6回終了TKOで下した。井岡選手は今年9月にマクウィリアムス・アローヨ(プエルトリコ)と対戦し、3-0の判定で退けた。

   ただ、井上選手は早くから海外で注目されていた。一躍世界にその名を知らしめたのは2014年12月。WBO世界フライ級を16度防衛し、同スーパーフライ級11度の防衛中だった王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)に挑戦し、戦慄の2回KO劇で王座を獲得した。

   この一戦は世界で高く評価され、世界的な大手ボクシング専門ニュースサイト「ファイトニュース・ドットコム」の2014年度の年間MVPに日本人ボクサーとして初めて選出された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中