2019年 8月 23日 (金)

理系が愛するスポーツ「キムワイプ卓球」 競技者団体は創立10年、会員は550人以上も

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   福原愛さんの引退や、「Tリーグ」の発足もあって、このところ卓球の話題をよく耳にする。そんななか、卓球に似たあるスポーツが、じわりじわりと普及しつつあるのをご存じだろうか。

   その名も「キムワイプ卓球」。理系学生や研究者に愛好者が多く、競技者団体は、この秋10周年を迎えたという。いったいどんな競技なのか。

  • 理系研究者に愛される「キムワイプ」
    理系研究者に愛される「キムワイプ」
  • キムワイプ卓球をしてみた
    キムワイプ卓球をしてみた

会員数は550人以上

   キムワイプとは、米キンバリー・クラーク社の紙製ウエス(油分などをぬぐう布)で、日本では日本製紙クレシアが販売している。パルプが原料だが、ティッシュペーパーよりもゴワゴワとした触感で、毛羽立ちも少ないのが特徴だ。水に溶けにくいため、理系の研究室では実験用具のふき取りなどに重宝されている。

   そんなキムワイプを使ったスポーツが「キムワイプ卓球」だ。箱をラケットに見立て、球を打ち合うこの競技。「月曜から夜ふかし」(17年10月30日)で東京大学のキムワイプ卓球会が紹介されるなど、徐々に知名度を高めつつある。

   競技者団体の「国際キムワイプ卓球協会(KTTA)」も存在し、公式サイトによると2008年9月設立とのこと。意外と長い歴史を持つようだ。本部所在地が「冥王星2番地」と遠いため、メールで問い合わせたところ、代表理事の岩月憲一さんから返事が届いた。

   岩月さんによると、現在の会員数は550人以上。アンケートベースだが、会員は大学生や大学院生、高専生が多く、大学教員や企業の研究者、高校生まで幅広くいるという。キムワイプが世界展開されているため「国際」を関しているが、事実上の活動範囲は日本国内にとどまっているそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中