2019年 1月 19日 (土)

謝罪は「ごあいさつと言いますか...」 安田純平さん、帰国後2回目の会見

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   シリアで解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が2018年11月9日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で会見した。

   安田さんが帰国後に会見するのは、11月2日の日本記者クラブに続いて2回目。終始神妙な表情で、笑みなどを見せる場面はなかった。

   改めて日本やトルコ政府に対して「おわびしますとともに深く感謝申し上げます」と述べたが、会場からは「謝罪する必要はあったのか」という指摘も出た。

  • 日本外国特派員協会で会見したフリージャーナリストの安田純平さん
    日本外国特派員協会で会見したフリージャーナリストの安田純平さん

国境なき記者団「安田氏が謝罪を強いられたことは受け入れられない」

   安田さんは日本記者クラブでの会見同様、冒頭発言で

「今回、私の解放に向けてご尽力いただいた日本、トルコ、カタールをはじめとする多くの皆様方、ご心配いただいた皆様におわびしますとともに深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました」

と、各国政府や関係者への感謝と謝罪を表明。行方不明になっている他のジャーナリストの早期解放を願った上で、改めて日本政府への謝罪の言葉を口にした。

「今回、私自身の行動によって、日本政府を当事者にしてしまったという点について、大変申し訳ないと思っています。今回、何があったか可能な限り説明することが私の責任であると思っています」

   ただ、この謝罪には異論も出ている。国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は11月6日、東アジアオフィス担当役員名で

「命のリスクを負ってシリアの悲劇について同胞に伝えようとしていた安田純平氏が謝罪を強いられたことは受け入れられない。安田氏は困難を耐えたことに対して英雄として歓迎されるべきだ」

だとする声明を出している。この声明を念頭に、記者からは

「本当に謝罪する必要はあったのか」

といった声もあがった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中