2019年 10月 18日 (金)

西武・浅村、オリックスを異例の「門前払い」 意中の球団すでに決まったか

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   西武からFA権を行使した浅村栄斗内野手が、オリックスに断りの連絡を入れていたことが11月19日、分かった。オリックスの長村裕之球団本部長がこの日、「今回は他の球団の方から選ばせていただきたいという断りがありました」と明かしたもので、オリックスは交渉のテーブルに付くことさえ許されずに脱落した。

   浅村は16日にソフトバンク、18日に楽天と第1回目の交渉を行った。18日の楽天との交渉後には、石井一久GMとともに会見が予定されていたが、他球団との交渉が全て終わっていないとの理由で浅村は無言で会場を後にした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「初めて聞いたわ」「せめて会って話をしてから...」

   すでにオリックスが浅村獲得を表明しており、昨日の時点で残された球団はオリックスと見られていた。だが、この日、浅村の代理人がオリックスに断りの連絡を入れたことで、西武を除く他球団の第1回目の交渉はひとまず終了したことになる。

   浅村の真意は不明だが、浅村はFA権行使にあたり、「他球団の評価を率直に聞きたいと思った」と話していた。4年16億円、背番号「1」または「7」を用意していたオリックスの長村裕之球団本部長は「会って話をしたかったというのが本音」と肩を落とした。

   FA権を行使し、獲得に名乗りを上げた球団と交渉を行わずに断りを入れたのは異例のことで、ネットではオリックスファンから批判と嘆きの声が上がっている。

「すげえなFAで門前払いって初めて聞いたわ」
「浅村も言っている事とやっている事が全く違う。」
「オリックスだけ門前払い...」
「せめて会って話をしてからじゃないとさすがにオリックスに失礼では...。」
「オリファン、球団幹部はショックやね。」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中