2018年 12月 12日 (水)

流行語大賞でチコちゃん登壇! 元NHKアナ「荒々しい言葉が使われているのが新鮮」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   平昌オリンピックで飛び出した「そだねー」が年間大賞を受賞した2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」。会場は4年連続で帝国ホテル(東京都千代田区)の大広間「富士の間」で開かれた。

   17時のトップテン発表に先立ち、16時40分からは審査委員による今年の講評が行われた。選考委員を務めたのは、姜尚中氏、金田一秀穂氏、辛酸なめ子氏、俵万智氏、室井滋氏、やくみつる氏、清水均氏の7人。この中で俵氏は「毎年、流行語という最大公約数を選ぶのが難しくなっている」とその苦労を明かした。

  • トップテン入りしたチコちゃん
    トップテン入りしたチコちゃん
  • 受賞者による記念撮影
    受賞者による記念撮影

受賞者のある・なしで会場には温度差が...

   受賞語の中で、受賞者が会場に現れたのが、「eスポーツ」「おっさんずラブ」「ご飯論法」「災害級の暑さ」「そだねー」「ボーっと生きてんじゃねーよ!」の6語。対して、受賞者の姿がなかったのは「(大迫)半端ないって」「スーパーボランティア」「奈良判定」「#MeToo」の4語だ。なお、「奈良判定」は受賞者辞退ではなく、「受賞者なし」。そのことが会場司会の宮本隆治アナウンサーから発表されると、招待客席からは「あー......」のため息が漏れた。

   一方で受賞者が登壇すると、マスコミ席、招待客席からはひときわ大きな歓声が沸き、私語も少なかった。中でも、「ご飯論法」の生みの親である法政大学の上西充子教授が、

「『ご飯』という言葉の多義性を使って論点をずらしていく。『食事』という意味で使ったと見せかけて、『パン』という意味で使いましたと言い訳したりする」

と、例え話を披露すると、招待客席からは「なるほど!」の声が漏れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中