2018年 12月 19日 (水)

10代の「性の誤解」を打ち砕く NHK本気の性教育番組が反響

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「性にまつわる誤解を打ち砕く番組」――。真正面から「性」について考えた「ハートネットTV」(NHK Eテレ)の放送が、インターネット上で大きな反響を呼んでいる。

   番組では「教えて!性の神さま」をテーマに、若年層の悩みや疑問を、スタジオのタレント・ぺえさん、ゆきぽよさんらと共に考え、最後に専門家の知見を交えた答えを提示。「避妊はピルとコンドーム、どっちの方がいいのですか?」など直球のテーマが、真剣ながらも軽妙なトークで語られていく内容は、視聴者に衝撃を与えた。J-CASTニュースはNHKに放送の経緯について聞いた。

  • NHK Eテレの「ハートネットTV」に反響が広がっている(画像はNHK公式サイトから)
    NHK Eテレの「ハートネットTV」に反響が広がっている(画像はNHK公式サイトから)

「処女を卒業する時まったく痛くなかったんですよ」

   「今日はすごい収録になりそうね」。2018年12月3日放送の「ハートネットTV」は、ぺえさんのこんなセリフで始まった。10~20代の男女から寄せられた性に関する200の疑問から8問をピックアップし、それぞれについてスタジオトークしていく。

   1問目は「タンポンで処女膜は破れないのですか?」という疑問。ゆきぽよさんは

「周りからは『すごく痛い、処女膜が破れて超痛い』と聞いていたんですけど、ゆき、処女を卒業する時まったく痛くなかったんですよ。だから、処女膜というものは存在しないと思うんです」

と実体験を交えて意見を述べていた。

   その後ナレーションで、「処女膜は膣の入り口にある、ひだのようなもの。膜が張っているのではなく、破れるようなものではありません。真ん中が2センチほど空いていて、タンポンはここを通るのです。処女であろうとなかろうと、女性に処女膜はずっとあるものなのです」という答えを、女性気のイラスト付きで示している。

   「カミングアウトしたいけど、気持ち悪く思われそうで親に言えません」というLGBTの悩みには、ぺえさんが自身の経験を明かした。

「私も面と向かって親にカミングアウトできたのは3年前...2年前か。親に言う前にテレビで言っちゃったの。オンエアされる前に伝えたかったのね。迷惑かかるかもしれないから、ごめんねって伝えたかったんだけど...放送日を迎えちゃって。親が連絡くれて『よく言ったね、覚悟を決めたんだね。背中を押すよ』って言われて、心救われて」

   その上で「ある程度の覚悟を持ったうえでカミングアウトするのが、うまくいくやり方なのかなと思う」と自身の見解を示していた。番組では「カミングアウトはゴールではありません。そこから色々なことを乗り越えていく人生が続きます。カミングアウトしない選択肢もあります。心に秘めたままの人も大勢います」とナレーションが入っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中