2019年 11月 18日 (月)

向井地美音がAKB次期総監督に 子役出身の次世代エースが見せた「他人に流されない一面」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   AKB48の横山由依さん(26)が2018年12月8日、向井地美音(むかいち・みおん)さん(20)をAKB48グループの次期総監督に指名した。交代の時期は未定。この日は、横山さんが総監督を高橋みなみさん(27)から引き継いで丸3年の記念日だった。

   向井地さんは子役出身で、AKB加入直後から「次世代エース」として注目を集めてきた。グループ内ではエリートコースを歩んできたとも言え、AKB48グループの知識を問う18年の「センター試験」では、400人以上参加したメンバーのうち、2位に圧倒的な差をつけて1位を獲得した「優等生」でもある。そこで横山さんが向井地さんの「欠点」として気に掛けるのが「人の意見に流されやすい」点だ。ただ、先輩を含むほかのメンバーに対して「言うべきことは言う」エピソードも有名で、横山さんの心配は杞憂に終わる可能性もある。

  • 総監督の横山由依さん(右)から指名を受けた向井地美音さん(左)(c)AKS
    総監督の横山由依さん(右)から指名を受けた向井地美音さん(左)(c)AKS
  • 次期総監督の指名は「13周年特別記念公演」で行われた(c)AKS
    次期総監督の指名は「13周年特別記念公演」で行われた(c)AKS
  • 劇場の柱には1年に1本ずつテープが加わる。左から横山由依さん、向井地美音さん(c)AKS
    劇場の柱には1年に1本ずつテープが加わる。左から横山由依さん、向井地美音さん(c)AKS

ドラマの役名も「ジセダイ」

   向井地さんは篠原涼子さん(45)が主演したテレビドラマ「アンフェア」(フジテレビ系、06年)で篠原さんの娘役を演じるなどの子役出身で、13年に15期生としてAKB48に加入。横山さんが09年に加入した9期生だということを考えると、大幅な若返りだ。

   向井地さんがAKBメンバーとして最初にメディアの注目を集めたのは、14年4月のイベントだ。大島優子さん(30、14年卒業)がセンターポジションを務めたことで知られる「ヘビーローテーション」(10年発売)を、当時は無名だった向井地さんがセンターで披露。これは大島さんの意向だったため、「後継指名」だとして話題になった。それ以降は「次世代エース」として注目され、15年に出演したドラマ「マジすか学園5」(日本テレビ)での役名が「ジセダイ」になるほどだ。

   向井地さんは16年の「選抜総選挙」の投票券つきの楽曲「翼はいらない」でセンターに抜擢され、13位にランクイン。初の上位16人の「選抜」入りを果たすも、翌17年の選抜総選挙では17位に順位を落とし、ギリギリで選抜入りを逃す挫折も経験した。

   18年の総選挙では13位にランクイン。6月16日に名古屋市内で行われた開票イベントでは、選抜に返り咲いたことで「新しい夢」を見つけたとして、「いつの日かAKB48グループの総監督になりたいです」と宣言していた。総監督になるのは「ずっとまだまだ先のことだと思います」と話していたが、それからわずか半年で、その道筋が確定することになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中