2019年 6月 24日 (月)

Origami Pay大勝負の行方 「牛丼半額」は20%還元を超えられるのか

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   PayPayやLINE Payが20%還元なら、こっちは「半額」だ――。そう言わんばかりのキャンペーンが、スマホ決済「Origami Pay(オリガミペイ)」で始まった。

   その第1弾は、吉野家でのクーポン。2018年12月17日~31日の期間、通常380円の牛丼並盛が半額で食べられる。クリスマスイブに「大盛りねぎだくギョク」を頼みたくなる古参ネットユーザーには、ちょっぴり嬉しいサービスかもしれない。

  • 190円で食べた牛丼
    190円で食べた牛丼
  • スマホ上のレシート
    スマホ上のレシート

PayPayよりキャンペーン露出は少ない

   今回のキャンペーン、厳密には「半額」ではなく、「190円引き」だ。税込300円以上の支払いが対象なので、たとえば豚丼並盛(通常350円)だと50%引きよりも安くなる。割引は「期間中何度でも」適用されるため、PayPayのように上限額によって早期終了することはない。

   初日の12月17日午後、筆者は都内のとある吉野家で、牛丼並盛を注文した。特別メニューではないため、いつも通りの味と量だ。違うのは会計時に「Origami Payで」と言って、バーコード画面を提示することのみ。紙のレシート上では380円だったが、スマホには「190円」と表示された。

   とはいえ、店内を見回しても、キャンペーンの告知は見当たらない。ツイッターを見ると、「190円OFF」のステッカーがある店もあるようだが、PayPayの時にビックカメラやファミリーマートの店頭で、大々的に宣伝していたのとは対照的だ。18日には別の店舗も訪れたが、こちらはOrigamiのロゴマークすらも見当たらなかった。

   吉野家では長らく、電子マネーはWAON(09年導入)のみだったが、この8月から交通系電子マネーにも対応。Origamiは12月3日に導入されたばかりだ。同日には、独自のプリペイドカード「吉野家プリカ」も誕生していて、そちらのポップは卓上に置かれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中