2019年 12月 10日 (火)

ローラ「干される」心配は的外れ? 辺野古発言はむしろ「プラス」も

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   モデルのローラさん(28)が2018年12月18日にインスタグラムのストーリー機能を使って行った発言が話題だ。

   ローラさんは、

「We the people Okinawa で検索してみて。美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう」

とのメッセージをアップ。現在、米ホワイトハウスの請願サイトで行われている、辺野古埋め立て反対を請願するための署名を呼びかける内容だ。

   同署名をめぐってはタレントのりゅうちぇるさん(23)や音楽評論家の湯川れい子さん(82)、映画監督の塚本晋也さん(58)など著名な芸能人・文化人らが賛同を示しているなど話題になっているが、インスタグラムのフォロワー数が520万人に達しているローラさんが呼びかけたことで、さらなる話題を集めている。「ローラ効果」もあってか、請願は18日に目標の10万筆を突破、19日昼までに12万筆を超えた。

  • ローラさん(2017年撮影)
    ローラさん(2017年撮影)

ローラに「心配の声」多い理由

   ローラさんの投稿は、2019年2月24日に住民投票が控えている沖縄県の辺野古埋め立ての賛否に関するものであり、それだけでも注目度は高いが、話題になっているのは、「芸能人が政治的発言をした」という点だ。アメリカのハリウッドと比較される形で、政治的発言が嫌われると話題になることが多い日本の芸能界だが、その中で発せられた政治的発言だけに世の中からの注目度は高い。

   ただ、ネット上を見渡してみると、ローラさんの発言の捉えられ方の中で多いのは、「芸能界での活動が縮小してしまうのではないか」と、ローラさんの今後を心配する声が多い。ほかの著名人への心配の声も散見されるが、ことにローラさんについては、これまで目立った政治的発言がなかったこともあってか、心配の声が根強く上がっているのが特徴的だ。

   確かに、ローラさんといえば、米ロサンゼルスの自宅で撮影した写真が頻繁にインスタグラムにアップされるようになった2017年初頭から日本のテレビ番組への出演が減少。数少ないレギュラー番組だった「めざましテレビ」(フジテレビ系)の料理コーナー「ローラの休日~キレイになれる健康ご飯~」も2017年11月23日を最後にストップしたままで、この頃からネット上では「ローラをテレビで見ない」との不満がファンの間で渦巻いたままだ。

出演中のCMもあるが...

   一方のCMへの出演だが、こちらは「エステティックTBC」「JIM BEAM」「楽天モバイル」などに出演中で、現在も順調だ。政治的発言により新規案件の獲得は難しくなるかもしれないが、既存のCMへの出演は契約期限を満了するまでは出演は可能であるため、複数の案件が一挙に失われるという可能性は低い。

   となれば、ローラさんの今回の発言は、吉と転じる可能性もある。

   「タメ口キャラ」として注目を集めたローラさんだが、すでに28歳。テレビでの露出低下と反比例するように、最近は社会貢献・慈善活動に積極的に参加。18年6月、犬・猫の保護活動「UNI project」を開始。また、8月には1000万円をユニセフに寄付したことをインスタグラムで明かしている。

   「美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの」との今回の発言も、今後の自身の活動に弾みをつけるものとなり得るのではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中