2019年 2月 24日 (日)

ニッカ関連会社の部長が差別的ツイート 削除のうえ、会社側「厳正に対処したい」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ニッカウヰスキーのサービス関連会社(北海道余市町)に勤める営業部長の男性が、自身のTwitter上で差別的な投稿を繰り返していたことが分かった。

   現在、本人のTweetはすべて削除済。会社側の広報担当者は2019年1月23日、J-CASTニュース編集部の取材に、問題の投稿は本人のものであることを認め、「事実関係を詳細に確認した上で、厳正に対処したい」とした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

野党議員や韓国に言及

   この男性の過去のツイート内容とされる画像を紹介する投稿が22日頃から注目を集めた。複数の投稿によると、男性ツイッターではこれまでに、複数の著名な野党国会議員を名指しして、「国賊」「朝鮮人」と書いたり、「日本人全て韓国に対して嫌悪感を感じている。反日の方以外ですが」と投稿したりしていた。

   男性ツイッターのアカウントに本名や所属企業名は記されていなかったが、載っていた写真情報などから、ニッカ関係者を名乗っている人物のフェイスブックと結び付けて、「ニッカ関係者が、こんな差別的発言を投稿しているのか?」といった趣旨の指摘もあった。

   こうした指摘はネット上で注目を集め、ツイッター上では「マッサンを見て余市を訪れウイスキーに魅了された者として、とても怒っています」「本当だとニッカファンとしては残念ですが」など批判的なコメントが相次いだ。

   J-CASTニュースは23日、ニッカを統括するアサヒグループホールディングスの広報部門担当者に取材した。担当者によると、22日夕以降、投稿に気づいた外部の人々から社に十数件問い合わせのメールがあり、社内で本人への聞き取り調査を行った。その結果、本人の判断により、23日午前0時ごろ、本人がTweetを削除したという。男性は、ニッカウヰスキーのサービス関連会社の営業部長。

   広報担当者は、「関係者の皆様には深くお詫びします。アサヒグループとして基本的人権の尊重を掲げており、今後こういうことがないよう社員の教育を徹底したい」としている。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中