2019年 5月 20日 (月)

因縁の解説者もイチロー引退を祝福 「予想」はずれて裸でNY疾走

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   マリナーズのイチロー外野手(45)の引退に世界中から労いの声が寄せられている。日本プロ野球の元同僚や、MLBの現役選手らがSNSを通じて日米球界のレジェンドにメッセージを送っている。

   そんな中、かつてイチローの「宿敵」とも言われた元MLB選手で野球解説者のロブ・ディブル氏(55)が2019年3月21日、自身のツイッターを更新し、イチローへ祝福のメッセージを送った。

  • ディブル氏のツイッターから
    ディブル氏のツイッターから

「ニューヨークのタイムズ・スクエアを裸で走ってやる」

   イチローとディブル氏の因縁は2001年2月までさかのぼる。MLBのルーキーイヤーとなるイチローに対し、ディブル氏はイチローの実力、日本球界での実績に否定的な見解だった。日本の7年連続首位打者に「もしイチローが首位打者を獲ったら、ニューヨークのタイムズ・スクエアを裸で走ってやる」とメディアで公言。さらに「3割打てたら、それだけでも競泳用水着で同じことをする」と挑発した。

   ディブル氏が、イチローがMLBで活躍出来ない理由に挙げていたのが「体力」と「精神的重圧」である。当時、MLBの試合数は162試合で、日本はMLBよりも27試合少ない135試合だった。試合数の多さに加え、ディブル氏が指摘したのは試合間の移動距離だ。終盤に疲労から調子を崩し、一年を通しての活躍は無理だと指摘。また、周囲の首位打者への期待がイチローを潰すとも語っていた。

   日本人の野手がMLBで通用するのか。米メディアではイチローの実力に懐疑的な見方が多く、1998年までマリナーズに所属していたレジェンド、ランディ・ジョンソン氏(55)の背番号「51」を継承したことで、シアトルの地元ファンは当初、好意的ではなかったという。当時の様子をイチローは「最初の2001年のキャンプなんかは『日本に帰れ』としょっちゅう言われましたよ」と振り返っているが、その中でもディブル氏は「イチロー批判」の急先鋒だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中