2019年 5月 20日 (月)

スポーツ各紙からも「四面楚歌」に 山口真帆事件、鎮火失敗したNGT運営の大誤算

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「運営しどろもどろ...」(デイリースポーツ)、「会見で『火に油』」(スポーツ報知)、「大炎上」(スポーツニッポン)―― 会見から一夜明けた2019年3月23日、スポーツ各紙はそろって運営側を厳しく批判した。

   NGT48・山口真帆さんへの暴行事件発生から100日余り。第三者委員会の報告と22日の会見で、運営側としては問題収束への目途をつけることを目指した。だが、ふたを開けてみれば、山口さんからの「生反撃」もあり、メディアからも「AKBグループ全体が岐路に立たされている」(報知)と、極めて辛い評価を受けることとなった。

  • 23日付のスポーツ各紙。総じて厳しい論調が目立つ
    23日付のスポーツ各紙。総じて厳しい論調が目立つ

山口さん側の発言大きく取り上げ...「爆弾ツイート」

   23日付スポーツ各紙は、いずれも芸能欄の紙面を大きく割いて、今回の会見を伝えた。その大見出しを抜粋する(以下、いずれも首都圏版)。

「NGT運営側 会見で『火に油』」「ツイート生反撃 山口真帆脱退も」(報知)
「山口真帆怒りの5連続ツイート NGT"激情"運営側会見にリアルタイム反論」(サンケイスポーツ)
「NGT運営大炎上 会見中に!!山口真帆爆弾ツイート」(スポニチ)
「リアルタイム次々と NGT山口怒りの反論」(日刊スポーツ)
「山口『なんで嘘ばかり』 運営しどろもどろ...」(デイリー)

   程度の差こそあるものの、山口さん側の「反論」に重点を置き、運営側に批判的な論調だ。

   今回の会見で、運営側は第三者委報告で、実に12人のメンバーがファンと「つながり」を持っていることを指摘されたものの、証拠がないことなどを理由に「不問」に。メンバーらとコミュニケーションを取りながら、事態の解決を目指す考えを示した。

   こうした方針に対し、たとえばデイリーは「これが解決策?『とにかくコミュニケーション』」の小見出しを打ち、本文中でも「具体性を欠くもの」と疑問視。また、第三者委報告書への態度を「一種の"ダブルスタンダード"とも思える回答も飛び出した」とするなど、かなり辛い点をつける。

   報知も、「最後まで矛盾に答えることができなかった」と総括した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中