2019年 7月 22日 (月)

「銭湯絵師」見習い女性に盗作疑惑 イラストレーター激怒で謝罪

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   銭湯絵師見習いとしてメディアの脚光を浴びた若い女性が、イベントで虎の絵を描いたところ、盗作の疑いが指摘された。

   イラストレーターも自らの絵と酷似していると訴え、女性は、ツイッターに謝罪文を投稿した。

  • 勝海麻衣さんは謝罪文をアップしたが…
    勝海麻衣さんは謝罪文をアップしたが…

「微妙に変えてあるところがなんとも」

   「Be creative」。こんなタイトルの下に虎の絵が描かれたパネルの横で、腕を組んだポーズで立っている。

   絵を描いたこの女性は、東京芸大大学院でデザインを専攻している修士課程1年生の勝海麻衣さん(24)だ。

   勝海さんは、3人しかいないという銭湯絵師に弟子入りしたと、2018年夏ごろに新聞などで紹介された。同時に、ファッションモデルもしており、才色兼備として大きな話題を集めている。

   19年3月24日には、東京・渋谷で行われたライブペインティングのイベントで、大きなパネルにカラフルな虎の絵を描いて見せた。勝海さんは、ツイッターでもその様子を紹介したが、その直後から、イラストレーターの猫将軍さんが12年に描いた絵と酷似していると指摘が出た。

   猫将軍さんも25日、指摘を受けて「これは...」と驚きを示し、「微妙に変えてあるところがなんとも」「精一杯ならせめて自分の絵を」と苦言を呈した。

   猫将軍さんの絵は、「阿吽(あうん)の呼吸」と使われる言葉を元に、虎の動を描いた「A(阿)」と静を描いた「HUN(サンスクリット語の吽の読み方)」だ。猫将軍さんは、絵の構図が「あまりにもまるごと」と訴えている。

   その後、勝海さんから謝罪のメールが来たと明かし、「この件は終わりです」とつぶやいた。本人は、たまたま似ただけで、似せる意図はなかったと説明したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中