2021年 2月 26日 (金)

「4月30日に地震が...」ネットで出回る怪情報 根拠は「聖徳太子の予言」、その正体は?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

正体不明の「予言」を見つけるまで

   記者がこの「予言」を知ったのは、あるまとめサイトを通じてだった。

「【聖徳太子の恐るべき予言】2019年4月30日に『クハンダ』の来襲で東京が八つ裂きに!?」

   4月初頭、スマホブラウザの「おすすめ記事」として表示されたのは、こんなおどろおどろしい見出しである。天皇の代替わりの「空白」を狙って、恐るべき怪物「クハンダ」が襲来する――まるで怪獣映画のような筋書きだ。

   だが、YouTubeなどで検索すると、同様の内容を扱った動画が、複数ヒットした。中には1万回以上再生されているものもある。

「【衝撃】2019年4月30日に日本滅亡!」
「聖徳太子が予言していた日本滅亡は2019年4月30日...新元号と天皇譲位でクハンダ襲来!?」
「南海トラフ巨大地震が、4月30日にくるぞ!」

   SNSでも、主にこうした動画が起点となって、噂が拡散されている。「出所を検証してみよう」、そんな軽い気持ちで調べ始めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中