2019年 9月 15日 (日)

2013年「ジョブズが生きていれば...」→2019年「ジョブズが生きていれば...」 発表会のたび現れる「亡霊」から、人はいつ解き放たれるのか

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

死の直後には「素晴らしいといいそう」の声も

   今回のWWDCでは、音楽管理ソフト「iTunes(アイチューンズ)」が機能別に分割されることや、iPadがiPhoneなどと共通の「iOS」から、専用の「iPadOS」に移行することなども発表された。新OSではマウス接続もサポートすると報じられている。

「ipadの新OSジョブズの考えからどんどんかけはなれてる気がする」
「iPadの新作でるらしいけど多分スティーブ・ジョブズが作ろうとしてたものとは別なんだろうなぁ」
「iTunesがあれば音楽、映像、全てのメディアが1つのアプリケーションで管理できるってのがジョブズの哲学でしたよね」

   ジョブズ氏を慮るようなツイートは、今回に限ったものではない。2013年発表のMac Pro(前モデル)は、まるで「ゴミ箱」に見える円筒状のデザインが注目された。その当時にも、

「ジョブズがいないとこうなるのか」
「ジョブズが最新Mac Proを見たらなんて言うかね」
「ジョブズだったら『真四角にしろ!』と言って聞かなかったに違いないw」

といった声はあったが、まだ没後1年半ほどだったため、「ジョブズの意思は生きているのではないだろうか」「良くやった素晴らしいといいそう」といった声も多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中