2019年 12月 6日 (金)

こども食堂は誰のため? 玉木雄一郎氏ブログきっかけに話題...現場に話を聞く

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

こども食堂は「みんなの居場所」

「私は、こども食堂を説明するときに『子ども』と『食』を中心とした『地域皆の居場所』という言い方をしている」

   こども食堂は「子ども」だけの居場所ではないと例を出しつつ述べる。

「例えば、シングルマザーのお母さんにとっては、子どもといつも二人きりで、そのこどもの子育てに煮詰まってしまうときに一瞬だけ子育てから解放される場所」
「そこで(こども食堂を利用する)地域の人が『大丈夫なの』と心配してくれて優しい声をかけてくれることもある」

と子どもも含め、母親たちの場所にもなっているという。

   また運営者が「救われてる」「自分たちが一番楽しんでる」と充実感を得ているケースもあるという。

「あるいは運営者の人にとってもその地域の中で、自分が貢献できる居場所になっている。地域の人や子どもから『ありがとう』と言われたり、ふれあえる場所がないですから、運営者にとっても大事な事」

「なので決してこどものため『だけ』の場所だとは思わない。みんなの居場所だとかんがえる」

と強調した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中