2019年 12月 9日 (月)

寺田心が、お父さん犬が... ガラケー「乗り換え」CMを、携帯各社が流す背景

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ガラケーを使用する人をみかける機会が、めっきり減った。だがここ最近、テレビにはガラケーからスマホへ乗り換えを促すCMが流れ、家電量販店ではプランが提供されている。

   「乗り換え推し」が続くのはなぜなのだろうか。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクを対象に、それぞれの担当者に話をきいた。

  • ガラケーの利用率は下がりつつあるはずだが…(画像はイメージ)
    ガラケーの利用率は下がりつつあるはずだが…(画像はイメージ)

「ガラケーからスマホへ」CMが流れ、プランが提供される

   「なんで...なんでスマホに変えなかったんだ~!」と寺田心が腰を落とし泣きじゃくる。手で支えているのは「利用料金が高いんじゃろ?」と満身創痍で口を動かす人形型のおじいちゃんだ。このCMは8月1日から公開されているドコモの「『はじめてスマホ割 楽屋挨拶』篇/スマホダー」の冒頭だ。6月1日からスタートした「ギガホ」「ギガライト」に合わせて提供している「はじめてスマホ割」を念頭にガラケーからスマホを打ち出している。

   ソフトバンクも「白戸家」シリーズのCM、「白戸家『お父さんスマホデビューする』篇」を6月19日から全国放映している。CM中では基本料月額980円でスマホが利用できる料金サービス「スマホデビュープラン」を紹介する。

   KDDIは直接的に乗り換えを促すCMを現在はオンエアしていないが、現行のCMで紹介している「新auピタッとプラン」をを対象とし、加入した場合、3G携帯を利用するユーザーなどは「ケータイ→auスマホ割」が適応される。

   「ガラケーからスマホへ」を推し進める動きの背景はどこにあるのだろうか。J-CASTニュースは8月7日、メールにて質問状を送り、提供する理由を聞いた。

   ドコモ広報は、ガラケーからスマートフォンへの乗り換え施策は、数年前から様々な形で実施しているとしつつ、

「スマートフォンならではのサービスやコンテンツの楽しさ、便利さを多くのお客様に実感いただきたいという思い」

から「はじめてスマホ割」を提供しているという。

   一方でソフトバンク、KDDI広報はガラケーを使用するユーザーは、いまだなお数多くいると言う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中