2020年 2月 28日 (金)

船を使った空港アクセス JR東も羽田で開設検討...実際に乗ってみると

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

船着場へのアクセスなどポイントに

   筆者は「ベイシャトル」の乗船経験があることから、そのときの感想をここで記したい。

   神戸空港と関西空港との距離は意外と近く、「ベイシャトル」の乗船時間は約30分だ。ただし船着場と空港ターミナルは直結しておらず、移動には時間を要する。神戸空港ターミナルから船着場(海上アクセスターミナル)までは徒歩5分、連絡バスで3分ほどだ。一方、関西空港側の船着場から第一ターミナルまでは連絡バスで6~7分、第二ターミナルまでは15分~20分はかかる。乗船時間と比較して、関西空港内の移動時間がむしろ長く感じられた。

   「ベイシャトル」の大きなメリットとしては神戸空港側の駐車場が挙げられる。「ベイシャトル」を利用すると神戸空港側の駐車場は旅行期間中、何泊であっても無料で利用できる。そのため「ベイシャトル」に乗船する人は自動車保有者が多いように感じた。

   乗船の経験から考えると、船便を使った空港アクセスのポイントは船着場~空港ターミナル間のアクセスと何かしらのプラスアルファのサービスが挙げられる。いずれにせよ、都心~羽田空港の船便の乗船がとても楽しみだ。

(フリーライター 新田浩之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中