2019年 10月 19日 (土)

Amazon購入品についてきたQRコードで、アカウントが乗っ取られる? 「詐欺疑惑」中国企業を直撃

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   インターネット通販「アマゾン」を通じて商品を買ったところ、購入品と無関係な「QRコード」を印刷したカードが封入されていた、との報告がネット上で複数あがり、拡散されている。ユーザーの間では「アクセスするとアカウントが乗っ取られる」と根拠不明ながら詐欺行為を疑う向きが広がったほか、外部の販売プロセスへの誘導を禁ずるアマゾンの規約に反するのではないかとの指摘もあがり、QRコードの「正体」をめぐって憶測が飛び交った。

   この商品を販売しQRコードを封入した中国企業はJ-CASTニュースの取材に、こうした詐欺疑惑を明確に否定。外部の販売プロセスに誘導するものでもないとした。アマゾンジャパンは「本件については認識しており、調査をしております」と答えている。

  • 届いた箱にQRコードが封入されていたとの報告が相次ぐ(画像はイメージ。記事の内容と無関係です)
    届いた箱にQRコードが封入されていたとの報告が相次ぐ(画像はイメージ。記事の内容と無関係です)

「おめでとうございます。受賞に当たりました」

   拡散されたのは、オレンジ色の手のひらサイズのカード。大きくQRコードが載せてあり、こう書かれている。

「おめでとうございます。受賞に当たりました。無料でアマゾンからギフト券と品質保証券を受取ることができます。
価値 1000円~5000円
こちらをスキャンしてください」(原文ママ)

   こうしたカードが届いた、という情報は、ネット上では2019年9月ごろから確認できる。ツイッター上ではQRコードが届いたという複数のユーザーが、

「Amazonで買い物したらダンボールにこれ入ってたけど調べたらやっぱり詐欺だった」
「全く同じ経験しました。発送もアマゾンです」
「自分も同じカードが入ってたからググッたら『アカウント乗っ取られた』ってあってやばいと思いAmazonカスタマーに電話」

などと声をあげた。中でもあるユーザーが10月4日に投稿したツイートは、9日までに5万回もリツイートされた。

   Q&Aサイトにも9月22日、上記と全く同じ文章が書かれたオレンジ色の紙がアマゾン購入商品に封入されていたと質問があり、自分にも届いたという回答者は「アマゾンのアカウントが乗っ取られた等の報告」が多く見受けられたとしている。

   こうした情報を見た他のユーザーからも「日本語おかしいですしね、十中八九詐欺関連ですよね」「日本語が不自然 メールアドレスが明らかにAmazonではない の2つで詐欺の可能性を疑えるけど、実際Amazonで買った商品に同梱されてるってだけでもしかして本物かも?って一瞬思わされてしまう」と詐欺を疑う声があがった。複数の個人ブログでも取り上げられ、「オレンジ色のカードでギフト券当たった詐欺?が巧妙」「詐欺です!くれぐれも注意してください!」など、詐欺行為であると断定調で書くところが出ている。

   一方ツイッターでは、「私の場合は1000円分のギフト券貰えましたよ」「普通に2000円分のアマゾンギフト券貰えました」と詐欺だとの論調を打ち消す向きもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中