2020年 8月 9日 (日)

同期のサクラ「残業95時間」に「俺はもっと...」 視聴者に投げかけた「働き方問題」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   女優の高畑充希さん(27)が主演する「同期のサクラ」(日本テレビ系)の第2回が、2019年10月16日に放送された。

   同ドラマは脚本家の遊川和彦さんが脚本を担当。2017年放送の「過保護のカホコ」(同)で主演を務めた高畑さんと再びタッグを組んだことや、1話ごとに1年の時が経過し、大手建設会社に同期入社した主人公たちのその時々の姿が描かれることなどが話題を呼んでいる。

  • 高畑充希さん(2015年撮影)
    高畑充希さん(2015年撮影)
  • 高畑充希さん(2015年撮影)

「まさに今悩んでる人が見たらかなりつらいだろうな」

   第2回では、入社から1年後の2010年が舞台。前年の新人研修後に人事部配属となった主人公のサクラこと北野桜(高畑さん)が、各部署の残業時間を減らすという課題に取り組むことに。各部署へ働きかけるも、営業部だけは若手を中心に逆に残業時間が増加してしまっていた。

   調査の結果、サクラと同期の営業部・清水菊夫(竜星涼さん=26)は、前月に94時間50分の残業を行っていたことが判明。再度の働きかけを任されたサクラは営業部を訪問し、営業部長の桑原(丸山智己さん=44)に残業時間の削減を要請するも、桑原は聞く耳を持たず、結果、押し問答になってしまう。また、これより後のシーンでは、菊夫が過労で倒れてしまい、サクラが見舞いに訪れる姿が描かれた。

   どの会社にもありがちな、労務管理の難しさを描いたこれらのシーンを見た視聴者からはツイッター上を中心に、「菊夫くんの残業時間見てたら、私と重なって涙出てきた」といった声が噴出。「まさに今悩んでる人が見たらかなりつらいだろうな」と慮るツイートも見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中