2019年 11月 18日 (月)

GACKT、「ボンビーガール」の「行きつけ店」情報を否定 日テレ「誤解招く放送」「お詫びします」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ミュージシャンのGACKTさんが2019年10月30日、バラエティー番組「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)で自身の「行きつけの店」としてマレーシアの飲食店が紹介されたことに対し、インスタグラムで「ボクに確認もしないで、番組で堂々とボクの行きつけの店とか言っていいものなのかなぁ?」と反論した。

   J-CASTニュースが日本テレビに見解を求めると、放送後にGACKTさんの所属事務所から「お店には行ったが、半年前に1度だけ」との指摘を受けたことを明かし、「誤解を招く放送となりました」として謝罪した。

  • GACKTさん(2015年撮影)
    GACKTさん(2015年撮影)

「ボクに確認もしないで...」

   29日放送の「幸せ!ボンビーガール」では、マレーシアに移住した女性に密着し、その暮らしぶりを追った。

   「貯金しながら気軽にしょっちゅう行っている外食は、あの有名人も御用達のお店」とナレーションが入り、女性が「GACKTさんも行きつけのお店みたいなんです」と言うと、店名と店構えを映しながらスペイン料理店が紹介された。テロップにはGACKTさんの顔イラストつきで「マレーシア在住 GACKTさんも行きつけ」と表示。店員との間で「GACKT here?」「Last month.」と、先月もGACKTさんが訪れたという趣旨の会話もなされた。撮影時期は明らかではない。

   だが、放送翌日の30日、GACKTさん本人がインスタグラムで反論した。「仲間から連絡きた。とある番組でボクの御用達の店と紹介され、先月もボクがそこに来たことになっていたらしい」とし、

「が、ボクが行ったことがあるのは半年前に一度、一杯酒を飲みに寄っただけ。ボクに確認もしないで、番組で堂々とボクの行きつけの店とか言っていいものなのかなぁ?」
「#一言 #言ってくれたらいいのに」

と、「御用達」「行きつけ」であることを否定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中