2019年 12月 10日 (火)

韓国「日本側から謝罪」、日本「謝罪した事実はない」 GSOMIA失効回避も「衝突」続く

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)失効が直前に回避され、「最悪の事態は回避された」(毎日新聞社説)のも束の間、早くも「韓日政府、再び衝突」(韓国KBS)といった報道が出る事態となっている。

   日本側が行っている輸出管理問題も絡み、韓国高官が「(日本の)経済産業省が合意内容を意図的に歪曲」して発表したと反発、日本側に抗議し謝罪があったと主張したが、菅義偉官房長官は「謝罪した事実はない」と反論。さらに韓国側が再反論を行っている。

  • 韓国・文在寅政権の今後の動きに注目が集まる(写真は青瓦台の動画から)
    韓国・文在寅政権の今後の動きに注目が集まる(写真は青瓦台の動画から)

韓国高官「(日本側が)合意内容を意図的に歪曲」

   韓国政府がGSOMIA終了延期を発表した2019年11月22日夕、日本の経産省も輸出管理をめぐり、「GSOMIAとは一切関係ない」と強調したうえで、韓国側との準備会合を経たのち、局長級の対話を行うと発表した。

   しかし、それからわずか3日後の25日には、KBS(ウェブ日本語版)が

「韓日政府、再び衝突 『GSOMIA後続交渉』難航が予想」

との見出しで、終了延期発表後に早速浮き彫りとなった日韓政府の対立を報じた。

   対立が表面化したのは24日。韓国大統領府(青瓦台)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長らが会見し、経産省の22日発表内容(韓国が輸出管理問題を改善する意欲を示した、など)の一部について、「合意内容を意図的に歪曲、または膨らませて発表した」(中央日報、25日ウェブ日本語版)と批判。外交ルートで日本側に抗議し、謝罪があったと主張した。

   これに対し、24日夜には経産省の公式ツイッターが

「(発表した)方針の骨子は、韓国政府と事前にすり合わせたものです」

と反論。24日夜配信の読売記事でも、「(日本側から謝罪があったとする主張について)日本の外務省幹部は取材に対し、『そのような事実はない』と否定した」と報じていた。

   さらに翌25日には、菅官房長官が会見で、「謝罪した事実はない」と反論。梶山弘志経産相も記者団に「謝罪した事実はない」と説明した。

   一方韓国側は、25日の中央日報(ウェブ日本語版)によると、青瓦台の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官が、読売新聞(24日)が掲載した日本の外務省幹部による謝罪否定コメントに関して、「記者らに送ったメッセージ」を通じて、

「もう一度明確にするが、我々は日本に抗議し、日本側は謝罪をした」

と、日本側による「謝罪否定」コメントを否定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中