2021年 1月 17日 (日)

「どこの記者だっけ?」 潮丸関から声をかけられたのは、雪がちらつく初場所前だった

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

元・高見山「あいつしか、いない...」

   ところで、東関部屋は「高砂一門」で、前親方は「2倍、2倍~!」のCMでもおなじみだった元関脇・高見山関だった。同部屋には「ロボコップ」として人気を博した高見盛関がいた。番付は高見盛関の方が上だったが、あまりにもメディアに面白く取り上げられたため、

「アイツは、ないな。潮丸だろ...」

と、ダミ声で話していただいたことを思い出す。

   東関親方、いや、潮丸関...。時に厳しく、時にやさしかった笑顔が忘れられません。

「ちゃんこ、食って行けよ」

   素敵な時間を、ごっつぁんした――。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中