2020年 7月 13日 (月)

山口敬之氏「嘘つきの常習犯」→伊藤詩織氏「私の話には一貫性がある」 「同日会見」現場で起きた応酬

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「なぜ伊藤さんがこれだけの嘘を言っているか分かりません」。2015年に同意のないまま性的行為に及んだとして330万円の賠償を命じられた元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(53)は会見で、自身を訴えた伊藤詩織氏(30)の主張に疑義を唱えた。ジャーナリストとして出席していた伊藤氏本人を目の前にして、である。

   山口氏に続いて、その伊藤氏も会見した。「嘘をついていると言われたが、どうか?」。報道陣に問われた伊藤氏は、山口氏に静かに反論した。

  • 山口敬之氏
    山口敬之氏
  • 伊藤詩織氏
    伊藤詩織氏
  • 囲み取材に応じた伊藤詩織氏(一番左)と、質問した小川榮太郎氏(一番右)
    囲み取材に応じた伊藤詩織氏(一番左)と、質問した小川榮太郎氏(一番右)
  • 山口敬之氏
  • 伊藤詩織氏
  • 囲み取材に応じた伊藤詩織氏(一番左)と、質問した小川榮太郎氏(一番右)

山口氏「私は真実を述べています」

   伊藤氏が性的暴行を受けたとして山口氏を訴え、東京地裁が山口氏に賠償命令を出した判決の翌日となる19年12月19日、山口氏、伊藤氏の順に、日本外国特派員協会(東京都千代田区)でそれぞれ会見した。

   山口氏の会見に同席した代理人・北口雅章弁護士は、伊藤氏が自著『Black Box(ブラックボックス)』(文藝春秋、17年10月刊)や裁判での供述において「明らかに嘘をついています」と主張した。伊藤氏のカルテはすべてチェックしたといい、次々に指摘する。

「彼女は『山口さんに会って、ビザの話を相談しようとしていたが、山口さんはビザの話を一切してくれなかった』といいます。ところが、カルテには『ビザの話をした』と書いています」
「彼女は『元検事のおじ』がいるとしていますが、彼女に元検事のおじなどいません。その元検事のおじは、山口さんが日本にいるか米国にいるかを『外務省』に照会して調べなさいと言っています。しかし出入国管理は外務省でなく法務省の管轄です。検察官は法務省の人間です。検察官が自分の管轄を間違えるわけがありません」
「裁判所は、彼女の供述に『重要な部分で変遷がない』と認定しているが、私は重要な部分で変遷があると思います。最初は『意識がない状態で夜中にレイプされた』と言っていました。ところがその後、精神科医師には『記憶がない』と話していた。『ブラックボックス』では、『朝になって強姦致傷という重大な性犯罪を受けた』という主張に変わっていた。これほど重要な変遷があるのに、変遷がないという判決は理解できない」

   山口氏自身も、伊藤氏の主張に疑義を呈している。

「なぜ伊藤さんがこれだけの嘘を言っているかは分かりません。ひとつは、元検事がいるという明らかな嘘をついた。私個人としては、伊藤さんの人間性を攻撃したいと思いません。でも私は真実を述べています。私から見れば、伊藤さんは嘘つきの常習犯です」(山口氏の英語の発言を、通訳者が和訳)

   記者席には伊藤氏本人がいて、山口氏の話を聞いていた。会見後の囲み取材で山口氏は、こうした状況についても述べている。

「伊藤さんに来てほしくない気持ちは、私にはまったくありません。できるだけオープンにお話しをしたい。どちらの主張にも確固たる客観的証拠がない事案ですから、それぞれの発言を聞いてほしい。僕は今まで黙っていましたので、伊藤さんの話を聞けばそれを信じてしまうのも分かります。私から発信しないと、伊藤さんの主張だけが、判決や皆さんの原稿・番組に出てしまうなら、機会があれば極力説明したい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中