2021年 9月 17日 (金)

とくダネ!スタッフが、笠井アナに贈ったもの 「なんちゅうセンス」に込めた願いとは?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   悪性リンパ腫で闘病生活をしている笠井信輔アナウンサー(56)が、長年出演していたフジテレビの「とくダネ!」スタッフから、あるプレゼントを贈られたと、インスタグラムで写真を公開した。

   満面の笑みを浮かべた笠井アナ。両手でVサインをして、ベッドに横になっている。

  • 胸に金色のあの文字が
    胸に金色のあの文字が
  • 胸に金色のあの文字が

金色に輝く「台場」のTシャツだった

   まず目に飛び込んでくるのが、胸に金色に輝く「台場」の文字だ。

   まるで黒いランニングシャツのようだが、よく見ると、上着の下に来ているTシャツだと分かる。

「このTシャツですか?『とくダネ!』のスタッフから届きました」

   笠井アナは2020年1月17日、インスタでこう報告した。フジテレビのあるお台場に帰って来るように、とのスタッフの願いが込められているらしい。

   とはいえ、笠井アナは、そのピカピカのデザインに驚いたようで、「なんちゅうセンスでしょうね(笑)」とつぶやいていた。

   笠井アナは、13日から2回目の抗がん剤24時間連続投与を受けており、5日目の17日に無事終わったことも同時に報告した。

「ほっとしました トンネルの抜けました 思わずVサインです」

   この5日間は、笠井アナにとって、かなりつらい日々だったという。

「金太郎さんみたい」「皆さんの愛情ですね」

   抗がん剤治療のため、結婚以来はじめて指輪を外したほか、15日には、「ダルいダルいダルいダルいダルいダルいダルいダルい」とインスタでその状況を伝えた。

   昼ごはんも食べたくなかったといい、16日には、「しんどぉーーーーーーーーい」とぼやいた。ずっと寝ており、何もする気にならなかったともいう。ブログでは、貧血のため、風呂場で倒れたことも明かしていた。

   投稿写真の顔もつらそうな様子だったが、17日にようやく2回目の投与を乗り切って、笑顔が満開になった。

   インスタのコメント欄では、「笑顔が見れてよかったです」「頑張りましたね!」「またテレビで元気な姿を待ってます」と励ましの言葉が相次いだ。

   一方、「台場」のTシャツについては、「金色でピッカピカ 金太郎さんみたいです」「皆さんの愛情ですね」などと書き込まれている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中