2020年 12月 4日 (金)

勝浦ホテル三日月が声明「同じ日本人として、帰国者のため決断」 武漢チャーター機の191人受け入れ

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   勝浦ホテル三日月(本社・千葉県勝浦市)は2020年1月31日、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中国湖北省武漢市から、政府チャーター機第1便で帰国した人を滞在先として受け入れたことについて、公式サイトで声明を発表した。政府や県、市ほか関係機関と緊密な連携を取りながら感染予防対策をしていることや、同社従業員への安全にも最大限配慮していることなどを明かしている。

   政府からの要請を受け、受け入れにあたって困難も予想される中、「同じ日本人として、帰国者のために、政府の要請に応えることを決断しました」という。

  • 勝浦ホテル三日月が発表したコメント
    勝浦ホテル三日月が発表したコメント
  • 同時に発表された、勝浦ホテル三日月支配人のコメント
    同時に発表された、勝浦ホテル三日月支配人のコメント
  • 勝浦ホテル三日月が発表したコメント
  • 同時に発表された、勝浦ホテル三日月支配人のコメント

「様々な困難があることも予想されましたが...」

   武漢へのチャーター機第1便は29日、206人を乗せて羽田空港に到着し、検査を受けた。体調に問題のなかった人のうち、希望者は勝浦ホテル三日月に滞在した。

   同ホテルは31日、公式サイト上で「お知らせ」と題したコメントを発表。「既に、報道等にて御承知のとおり、中国人民共和国湖北省武漢市での新型のコロナウイルスの感染拡大を受けて、日本政府は、現地に滞在する日本人の希望者を帰国させるため、28日夜、中国武漢に向けてチャーター機を派遣し、翌29日、武漢在住の日本人206人が帰国しました」としたうえで、

「当社は、政府の強い要請のもと、都内の医療施設で検査を受け帰国した日本人206人のうち、特段の症状がなく、宿泊施設での経過観察を希望した191名全員を、勝浦ホテル三日月で受け入れました」

と帰国者を受け入れたことを説明した。

   十分な受け入れ態勢をとっていることも説明している。

「勝浦ホテル三日月内において、政府事務局が設置され、医師等の常駐のもと、政府、千葉県、勝浦市及び関係諸機関との緊密な連携を取りながら、感染予防対策等を行っており、勝浦ホテル三日月としても、当社従業員の安全に最大限に配慮しつつ、協力しております」

   受け入れを決めた経緯についても次のように明かしている。

「政府からの要請に接し、様々な困難があることも予想されましたが、当社は、同じ日本人として、帰国者のために、政府の要請に応えることを決断しました。

当社は、本件の受け入れのみならず、これからも地域、日本の繁栄のために邁進していく所存です。

どうぞ、皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中