2020年 11月 26日 (木)

新型コロナ対策で「抗HIV薬」一躍注目 中国では以前から利用、市場反応も

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   新型コロナウイルスによる肺炎について、タイ保健省が行った記者会見内容が注目されている。症状が重かった患者に対し、抗HIV薬とインフルエンザ治療薬を混合して投与したところ、48時間以内に症状が改善し、ウイルス検査でも陰性になったとしている。

   タイ当局が公式サイトでも公表した他、日本や欧米メディアも報じている(以下、全てデジタル版)。このウイルスをめぐっては、WHO(世界保健機関)などが遺伝子配列について公表しており、対策検討が進んでいる。また、タイでの発表を受けた株式市場への影響を伝えるメディアもあった。

  • 新型コロナウイルスに関するニュースに関心が高まっている(写真はイメージ)
    新型コロナウイルスに関するニュースに関心が高まっている(写真はイメージ)
  • 新型コロナウイルスに関するニュースに関心が高まっている(写真はイメージ)

インフルエンザ治療薬と混合使用

   タイ保健省は2020年2月2日、新型肺炎について記者会見した。保健省サイトによると、非常に深刻な症状を示していた患者にインフルエンザ治療薬と抗HIV薬を使用した結果、48時間以内に症状が改善したことが分かったという。タイの有力英字紙「バンコク・ポスト」(2日)の記事では、患者は71歳の中国人女性で、投与した薬は、インフルエンザ治療薬の「オセルタミビル」(商品名タミフルなど)と抗HIV薬の「ロピナビル」と「リトナビル」だと報じている。

   日本メディアも、「タイ政府『新型肺炎、エイズ・インフル薬で症状改善』」(日本経済新聞、2日)、「インフルとHIV薬混ぜ『新型肺炎が改善』 タイ政府」(朝日新聞、3日)などと報じており、読売新聞も3日、バンコク・ポストの報道内容を紹介した。朝日記事によると、会見した医師2人は「これは治療法ではないが、患者の症状は大いに改善した」と話した。

   欧米メディアでも、ブルームバーグやAFP、CNNなどが「48時間以内に(ウイルス検査が)陰性となった」などの会見内容を伝えている。

   これまでにも、たとえば1月27日の段階で中国国営通信社の新華社(AFP配信)は「抗HIV薬を新型肺炎治療に応用 北京市衛生健康委」(日本語版)の見出しで、今回のタイ当局会見で出てきた「ロピナビル」「リトナビル」について、「(北京市の衛生健康委員会が)同薬を用いた治療は国家衛生健康委員会が発表した『新型コロナウイルス肺炎治療プラン(試行第3版)』でも推奨されている治療法だとした」との見解を表明したと記事化していた。ただ、CNN記事(2月3日、日本語版)によると、「北京の複数の病院でも同様の抗ウイルス剤(原文ママ)を武漢で発生したコロナウイルスの治療に用いたと報道されたが、有効だったかどうかは明らかになっていない」状態だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中