2020年 9月 26日 (土)

京都市長選、「野党共闘」複雑さ露わに 相乗り反発と共産への警戒、党本部と地方...

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2020年2月2日に投開票された京都市長選では、現職の門川大作氏(69)=公明党、自民党府連、立憲民主党府連、国民民主党府連、社民党府連推薦=が4選を果たし、弁護士の福山和人氏(58)=共産党、れいわ新選組推薦=、前京都市議の村山祥栄氏(41)の2新人をくだした。

   国政選挙と地方選挙では与野党の構図が異なることは珍しくないが、各社の出口調査によると、門川氏は立憲・国民の支持者の票をまとめきれず、相当数が福山氏や村山氏に投票。国政で国民・立憲を支持する人には不満を残す結果になった。現職候補に国政与野党が「相乗り」することが有権者に理解されず、野党共闘へのハードルが改めて浮き彫りになった。

  • 国政選挙と地方選挙では与野党の構図が異なることは珍しくない(写真はイメージ)
    国政選挙と地方選挙では与野党の構図が異なることは珍しくない(写真はイメージ)
  • 国政選挙と地方選挙では与野党の構図が異なることは珍しくない(写真はイメージ)

門川氏に投票したのは「立憲支持者の24.4%、国民支持者の34.8%」

   京都市長選では、12年、16年と「国政与野党相乗りvs共産」の構図が続いてきたが、門川氏が初当選した08年以来12年ぶりの三つ巴の戦いになった。各社の出口調査によると、自民・公明支持者の多くが門川氏に、共産・れいわの支持者が福山氏にそれぞれ投票する中で、大きく割れたとみられるのが立憲・国民の支持者の動向だ。

   2月3日付の京都新聞が掲載した出口調査の結果によると、門川氏に投票したのは立憲支持者の24.4%で、国民支持者の34.8%にとどまった。一方の福山氏は「立民の4割に食い込んだ」といい、村山氏も「自主投票とした日本維新の会支持層の5割、国民支持層の3割も取り込んだ」。

   KBS京都とNHKの出口調査では、支持政党別の投票先をグラフで紹介している。KBS京都の調査によると、立憲支持者の2割強が門川氏に投じたのに対して、福山氏、村山氏にそれぞれ3割程度投票した模様だ。国民支持者は、門川氏、村山氏に3割程度、福山氏に2割強投票したとみられる。国民支持者の方が立憲支持者よりも福山氏に対する強い警戒感が読み取れる。NHKの調査でも、門川氏に投票した両党の支持者が半分未満だったことが読み取れる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中