2020年 9月 30日 (水)

「家虎」追放、法的に可能? ライブから「厄介」観客を追い出せるか、弁護士に聞いた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   アイドルや声優のライブで、曲の合間に「イェッタイガー!」と絶叫する行為、通称「家虎」に対して2020年2月2日、ゲーム・映像コンテンツをプロデュースしライブも主催する「ブシロード」創業者で現取締役の木谷高明氏から「家虎根絶」を宣言するツイートがなされた。

   木谷氏はその後、具体的な施策を実行していく旨もツイートし、ブシロードが関わるコンテンツライブのレギュレーション強化も考えられる。だが、もしどうしても「家虎」を叫んで楽しみたい観客に抵抗されたら、運営側はどんな対応手段を打てるだろうか。木谷氏の発言以後、「実際に家虎をめぐって退場者と興行主で裁判になったらどうなるのか?」と興味を示す声優・アニメファンもいる。

   弁護士への取材を踏まえ、「家虎」を迷惑行為とみなして退場にできる法的根拠などを探った。

  • ライブでの迷惑行為、取り締まる法的根拠と、損害賠償請求の内容とは?
    ライブでの迷惑行為、取り締まる法的根拠と、損害賠償請求の内容とは?
  • ライブでの迷惑行為、取り締まる法的根拠と、損害賠償請求の内容とは?

主催者が退場者から抗議されたら?

   木谷氏は「家虎根絶」ツイートの後、「早速本日ライブスタッフと意見交換。明日は法務部と打合せします」「既に一部ライブの妨害にあたるお客様の退出は行なっているがそれ以上どこまで出来るか。それ以前に予防策はないか等、検討し施策を実行して行きたいと思います」と投稿した。

   「イェッタイガー」通称「家虎」は、声優やアニメ・ゲーム・アニソン系のライブでは基本的に迷惑行為とみなされる。しかしこれもライブの楽しみ方のひとつと主張し、いわゆる「厄介」扱いされながらも、あえて家虎を叫ぼうとするファンもいる。

   2月2日の「家虎根絶宣言」の際には、「場合によっては損害賠償請求など法的手段」も検討しているとツイートした木谷氏。既に取組みを進めているようだが、ブシロードなどの興行主は、観客に対しどんな対応策が打てるだろうか。J-CASTニュースは2月5日、アイドル界に詳しいレイ法律事務所の河西邦剛弁護士へ取材を行った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中