2020年 3月 30日 (月)

野村克也さん死去、愛妻・沙知代さんの元へ...SNS上でも悲しみの声広がる

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   あの「ボヤキ」は、もう2度と聞けない――。

   プロ野球の南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天などでも監督として指揮を執った野村克也さんが死去したことが2020年2月11日、分かった。84歳だった。

  • 野村克也さんの訃報に、SNS上でも悲しみの声が広がった
    野村克也さんの訃報に、SNS上でも悲しみの声が広がった

1965年には戦後初となる3冠王に

   野村さんは1935年6月29日、京都府生まれ。峰山高から54年にテスト生として南海に入団し、その後はロッテ、西武で80年まで名捕手として活躍した。

   57年に初の本塁打王を獲得。63年に当時のプロ野球記録となるシーズン52本塁打を放ち、65年には戦後初となる3冠王に輝くなど、当時の日本球界を代表する選手となった。通算成績は3017試合に出場、2901安打、1988打点、657本塁打、打率2割7分7厘。MVP5回、ベストナインは19回受賞した。

   同時期には巨人で活躍した長嶋茂雄さん、王貞治さんがいた。「長嶋や王がヒマワリなら、オレはひっそりと咲く月見草」。圧倒的な人気を誇った両選手と自身を花にたとえた名言は、今でもファンの間で語り継がれている。

   監督としては70~77年に南海、90~98年はヤクルト、99~01年に阪神、社会人野球シダックス監督を3年間務め、06~09年まで楽天で指揮を執った。ヤクルト監督時代の92年にリーグ優勝、93年、95年、97年に日本一を果たし「名将」と呼ばれた。

   野村さんの突然の訃報に、ツイッター上でも追悼の声が数多く上がっている。

「えまじで?」
「マジすか?まだまだ長生きすると思ってたのに......ご冥福をお祈りいたします」
「ボヤキが聞けなくなっちゃうんだ...... 悲しい」
「奥様のもとへ行かれたんですね。お疲れ様でした」
「あんな偉大なキャッチャーは二度と現れないだろう。ご冥福をお祈り致します」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中