2020年 4月 9日 (木)

前澤友作の100万円で、僕の人生は変わった 車いすYouTuber寺田ユースケ、お年玉から始まった「悩み」と「気づき」の1年

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「前澤さんのおかげで、人生が変わりました」。車いすYouTuberとして活動する寺田ユースケさん(29)は、実業家・前澤友作氏の「100万円のお年玉」企画に当選してからの1年をそう振り返る。「鳴かず飛ばずだった」というYouTubeチャンネルも、ある動画が600万再生を記録したのを機に、上昇気流に乗り始めた。

   ポンと振り込まれた100万円に、最初は「戸惑った」という寺田さん。お年玉応募の際に伝えた使い道も結局実現できなかった。だが、悩んだ中で得た「気づき」もある。この1年、「お年玉」をどのように使い、何を思ったのか。J-CASTニュースは2020年2月12日、東京都内で開かれた「バリアフルレストラン」メディア体験会(主催・公益財団法人日本ケアフィット共育機構)に出席した寺田さんに詳しく聞いた。

  • 「車いすYouTuber」の寺田ユースケさん
    「車いすYouTuber」の寺田ユースケさん
  • 寺田ユースケさんが取材に応じた
    寺田ユースケさんが取材に応じた

「オシャレしたい障害のある子ども100人にプレゼントしたい」

   「【1日密着】車イスYouTuber(夫婦)の私生活を大公開します!」「【赤裸々】めちゃめちゃ明るい障がい児の育て方を両親が語ってくれました!」。寺田さんが自身のYouTubeチャンネル「寺田家TV」でアップする動画タイトルの一例だ。扱うテーマは、車いすユーザーのリアルな生活模様。チャンネル概要には「障がい事情やバリアフリー、多様性、面白おかしく学べるように発信していきます!」とあり、妻・まゆみさんとともに、時には体当たりで、時には笑いも交えて「ありのまま」を伝えている。

   今でこそ数万再生の動画も増え、YouTuberとしての収入が安定しつつあるが、18年3月のチャンネル開設からしばらく苦しんだ。「20~30回しか再生されない動画もザラでした」と言う寺田さん。転機が訪れたのは2019年1月のことだった。

   「早速ですが、当選です!」。ファッション通販を手掛けるZOZO創業者で前社長の前澤友作氏から、ツイッターのダイレクトメッセージ(DM)に通知が届いた。募集投稿のリツイート(RT)とフォローした人の中から100人に100万円、合計1億円の「お年玉」をプレゼントする前澤氏の企画に当選を果たしたのだ。倍率約5万倍を引き当てた。

   19年版は、100万円の使用目的をリプライなどでアピールする応募者が多かった。「100万円分の服を購入し、オシャレしたい障害のある子ども100人にプレゼントしたい」。寺田さんもそんな思いを伝えた。

「応募したのはノリでした。誰にでもチャンスがあるなら応募してみよう、くらいの気持ちです。せっかく応募するなら思いを伝えたいし、当選しやすくはしたかったんです。ゾゾがアパレルなので服を絡めてアピールしましたし、『ゾゾスーツ』を着てYouTubeの動画に出るとか、色々やりました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中