2021年 4月 17日 (土)

相次ぐスポーツイベントの延期、中止 政府がようやく方針も「対応が遅すぎる」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスの感染拡大が日本のスポーツ界に大きな影響を及ぼしている。

   日本野球機構(NPB)は2020年2月26日、オープン戦全72試合の無観客試合を決定。サッカーのJリーグは2月26日から3月15日までの計94試合を延期することを決めた。3月8日に初日を迎える大相撲大阪場所は、無観客開催を視野に入れつつ3月1日にも臨時理事会を開き最終決断を下す。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

プロ野球オープン戦は全72試合を無観客試合

   プロ野球では巨人がいち早くオープン戦の無観客試合を決定した。巨人は2月25日、29日と3月1日に東京ドームで予定しているヤクルトとのオープン戦を無観客で開催することを発表。巨人の発表に続いて、NPBは2月26日、都内で12球団代表者会議を開き、29日から3月15日までのオープン戦全72試合を無観客で実施することを決定した。

   他競技では、ラグビー・トップリーグの試合延期が26日、決定した。日本ラグビー協会はトップリーグの第7節(2月29日、3月1日)、第8節(3月7日、8日)の計16試合の開催を延期することを発表。代替試合は3月と5月に予定しており、今後日程を調整していくという。また、日本プロボクシング協会は26日、3月に予定していた国内の試合を中止、延期することを決定した。

   欧州でも新型コロナウイルスが猛威を振るっており、感染が急速に拡大しているイタリアではスポーツイベントの中止、延期が相次いでいる。サッカーのセリエAは、すでに2月23日の4試合が延期され、今後は延期を含めて無観客試合などで対応していく見込みだ。また、バレーボール、ラグビー、ボクシング、ゴルフなどのスポーツイベントも中止、延期に追いやられている。

イタリアは政府主導のもと各州、各スポーツ団体が連動

   今回の新型コロナウイルスの感染拡大によるスポーツイベントの対応に関して、イタリアは政府主導のもと各州、各スポーツ団体が連動して迅速にことを決定してきた。一方の日本といえば、イベントの延期、中止や無観客開催などすべては主催者の判断に一任され、26日になってようやく安倍晋三首相が、今後2週間程度、感染のリスクがある全国的なスポーツイベント、文化イベントの中止、延期、規模縮小を政府として要請する方針を表明した。

   今回の政府の対応についてネット上では「対応が遅すぎる」、「せめて2日早く言うべきだった」、「大小にかかわらずイベントは自粛したほうがいい」、「普通に考えても当然のことだと思う」など様々な声が上がっている。

   全国各地でスポーツイベントが相次いで延期、中止されるなか、政府が延期、中止などを要請する「今後2週間」で事態は大きく変わるのか。オープン戦全試合を無観客で開催するプロ野球は3月20日に公式戦が開幕する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中