2020年 10月 2日 (金)

諸田洋之県議、「マスク大量出品」までの経歴 ユーチューバー張り活動も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「新聞やマスコミで連日大きく取り上げられている新型肺炎コロナウィルスについて、県はどう考えて、どんな対応を取っているのか質問がありましたので、県の健康福祉部医療健康局疾病対策課に話しを伺いました」

   諸田洋之・静岡県議が、こんなコメントともにYouTubeで動画を公開したのは、2020年1月27日のことだ。3月8日現在、動画は非公開にされているが、コロナウイルスについての概要から、「最悪のシナリオ」までわかる内容だったという。

   諸田氏がマスクの「大量出品」を始めたのは、その約1週間後とみられている。

  • YouTubeチャンネル開設を伝える諸田氏の県政報告
    YouTubeチャンネル開設を伝える諸田氏の県政報告
  • 問題のアカウントから出品された商品の一つ。マスクを収めた箱が大量に積み上げられている
    問題のアカウントから出品された商品の一つ。マスクを収めた箱が大量に積み上げられている
  • YouTubeチャンネル開設を伝える諸田氏の県政報告
  • 問題のアカウントから出品された商品の一つ。マスクを収めた箱が大量に積み上げられている

かつては維新から国政挑戦

   3月7日以降、地元紙・静岡新聞を皮切りに、現職県議の「マスク大量出品」はNHKなど大手メディアも相次ぎ報じ、多くの人々の顰蹙(ひんしゅく)を買う騒動となっている。

   この諸田氏は、どのような人物なのだろうか――。

   公式サイトのプロフィールによれば、諸田氏は1966年生まれの53歳。法政大学大学院でMBAを取得したという。

   2012年には、当時日の出の勢いだった日本維新の会から衆院選に出馬した。当時の肩書は「IT関連会社社長」や「通販会社社長」だったが、3位で落選している。翌13年には静岡県議補選に挑むも再び落選となり、その後14年の維新分党に際して党を離れた。

   15年の県議選で、地元・焼津市から無所属で出馬して初当選し、19年も再選を果たしている。19年の選挙公報では「無所属だから市民目線」をキャッチフレーズに、「しがらみが無く、多様な民意を県政に届けられる!!」とアピールしていた。

   県民への情報発信にも力を注いでいたようで、19年10月から「諸田洋之YouTube県政報告」と題して、ユーチューバー張りの活動も。もっとも、それらの動画はすべて非公開にされてしまったのは前述のとおりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中