2020年 10月 23日 (金)

新型コロナ流行は続く、だが「アンダーコントロール」だ シンガポール首脳の「国民を安心させる」情報発信

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

「中国、韓国、イタリアのように都市を封鎖することはないだろう」

   感染者数が大幅に増加した場合は、一時的な休校、労働時間の調整、テレワークの義務化などを余儀なくされる、とも説明。こういった施策が感染のペースを下げて医療崩壊の回避につながるとして

「状況が改善すれば、対応を緩和して基本的な予防策に戻れる」

などと理解を求めた。

   その上で言及したのが「アンダーコントロール」だ。

「しかし、これは強調させてほしい。シンガポールの状況は引き続きコントロールされている(But let me emphasise this: the situation in Singapore remains under control.)。感染症警戒レベルの「赤」(編注:4段階中最も高いレベル。今は上から2番目の「オレンジ」)にはならない。中国、韓国、イタリアのように都市を封鎖することはないだろう。現時点では、さらに厳しい対応の一部を前もって計画、試行し、実際に行う必要が出てきた時のために、国民の皆さんに備えてもらっているところだ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中