2021年 1月 16日 (土)

自民若手が消費税ゼロ提言、なぜ? 中心メンバー・安藤裕氏に「真意」聞いた

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

一段落しても税率は「ゼロにしておけばいい」

   ―― 3月12日放送の「深層NEWS」(BS日テレ)では、「平成は停滞の時代。これを象徴するのが消費税」とも話していました。「コロナ恐慌」への対策が一段落した後は、消費税率はどの程度まで戻すべきだとお考えですか。

安藤: いいや。ゼロにしておけばいいです。ゼロにしておけば、その分所得税や法人税も上がっていきますから、そのほうがよっぽど経済が成長します。消費税がなぜダメかというと、「消費したらダメ」というメッセージを出す税金だからです。日本経済のメインエンジンは個人消費ですから、個人消費を一番ふかさなきゃいけない。消費税はメインエンジンにブレーキをかける税金です。仮に0%から3%などに増税するタイミングがあるとしたら、ものすごく景気がいいときです。そういうときは考えてもいいかも知れませんが、「巡航高度」ぐらいならば、上げることを考える必要はありません。

   ―― どうしても財源の議論は出てきます。

安藤: 政府の財政における財源は、国債と税をうまく組み合わせればいい。税だけで賄わなければいけないというイメージをみんな持っていますが、それが間違いです。景気が悪いときは国債を増やして、景気がいいときには税を増やして...というバランスをとっていけばいい話なので、財源は全く問題ありません。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中