2020年 8月 15日 (土)

西川「この夏は難しい」vs池谷「通常通りやるべき」 五輪開催めぐり「サンジャポ」でも激論

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   新型コロナウイルスの感染拡大を受け、開催が危ぶまれている東京五輪・パラリンピック。日本政府をはじめ、国際オリンピック委員会(IOC)は、「予定通り」の開催を目指しているが、大会の延期や中止を求める声も勢いを増している。

   2020年3月22日放送の「サンデージャポン」(TBS系)でも五輪開催の是非が話題にのぼり、出演者からは賛否両論の声があがった。

  • 東京五輪の聖火は3月20日に特別機で日本に到着。そんな中でも開催の是非をめぐる議論は続いている
    東京五輪の聖火は3月20日に特別機で日本に到着。そんな中でも開催の是非をめぐる議論は続いている
  • 東京五輪の聖火は3月20日に特別機で日本に到着。そんな中でも開催の是非をめぐる議論は続いている

西川「確実に感染拡大する環境を作ってしまうのは危険」

   同番組の卒業を決め、この日が最後の出演となった医師でタレントの西川史子さん(48)は、

「この夏は難しいんじゃないかなと思いますね」

と、通常通りの開催は厳しいのではとの見方だ。その理由を

「致死率が今日本で抑えられているのは、現場の努力でしかなくて、実際コロナの重篤な患者さんをみている医者の話を聞いたんですけど、肺が真っ白になって本当に働かなくなってしまうと」
「機械の台数も限られているし、それを使える医者も限られているし、病床数も限られていて、確実に感染が拡大するような環境っていうのをこの夏作ってしまうのはちょっと危険かな。命を救えなくなってしまうんじゃないかなと思います」

などと説明し、医師ならではの持論を展開した。

   一方で、バルセロナ五輪の体操で銀メダリストを獲得した池谷幸雄さん(49)は、「選手の立場から言わせてもらうと」として、

「選手はその時期に合わせて調整しているわけですから、通常通りやるべきだと思うんですよね」
「選手は2020年のために生まれた時からいつオリンピックがあるのかって決まっちゃうわけですよ。4年に1回ですから。その年が狂ってしまうと厳しいですよね」

との、「通常通り」の開催が選手のためだとの意見を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中