2020年 4月 9日 (木)

100日後に死ぬワニ「デマ」検証 連載前に打ち合わせ?ツイッター工作?宣伝記事?作者側は...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「やっぱり電通案件だった」「ランサーズも絡んでたんですね」「やってることは直球のステマ(ステルスマーケティング)なんで本当に嫌いになったわ」――。きくちゆうきさんの4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』をめぐり、インターネット上で憶測にもとづく心ない書き込みが広がっている。

   連載当初から多くの人を惹きつけ、2020年3月20日の完結では感動を呼んだが、その後、作品の評価と関係ない点で批判を集めている。

   きくちさんのマネジメント会社「ベイシカ」(東京都港区)は、拡散している内容は事実無根だとして「デマはたくさんありすぎて、もはや全てを把握し切れていません」と肩を落とす。

  • 「100日後に死ぬワニ」公式ツイッターより
    「100日後に死ぬワニ」公式ツイッターより
  • 誤情報に基づく投稿の一例(一部加工)
    誤情報に基づく投稿の一例(一部加工)

本人「電通さんは絡んでない」と否定も...

   19年12月からツイッターで連載が始まった「100日後に死ぬワニ」。主人公のワニを中心とした日常生活を描きながら、「死まであと○日」のカウントダウンが進む異色の設定だ。

   20年3月20日で100日目を迎えて完結し、「切ないが、、ありがとう」「1日1日を大切に生きよう」と好意的な感想が多数寄せられた。ベイシカによれば、最終話の投稿のエンゲージメント(「いいね」「リツイート」など)は2億回を超えたという。

   しかし、その直後に風向きが変わる。最終話を投稿して間もなく、書籍化、映画化、人気音楽グループ「いきものががり」とのコラボレーションなどが次々と発表され、急なビジネス展開に失望する声が少なくなかった。

   さらに、「いきものがかり」コラボ企画のクレジットをきっかけに、広告代理店「電通」がプロジェクト全体に関わっているとの噂もたち、「電通案件」がツイッターのトレンド入りした。

   きくちさんと「いきものががり」の水野良樹さんは21日、ツイッターの動画配信で「電通案件なんて出てますけど大きな誤解で、電通さんは絡んでない」と強く否定するも、疑惑は完全に消えなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中