2020年 6月 1日 (月)

「全ての業種がSave Our Spaceの声を」 エンタメ補償求める署名に30万筆、発起人が呼びかけた連帯

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルス感染症の影響でライブ・演劇・イベントなどの中止が続いているエンタメ業界で、営業を停止している施設への国からの補償を求めるネット上の署名活動「SaveOurSpace」の発起人が会見を行い、補償のない自粛に苦慮する業界の現状と助成の実現を訴えた。

   2020年3月27日から始まった署名には、坂本龍一さん・倖田來未さんら著名なアーティストらも含め30万筆以上の署名が集まっている。

  • 想定の10万筆をはるかに上回る30万筆以上の署名が集まった
    想定の10万筆をはるかに上回る30万筆以上の署名が集まった
  • 想定の10万筆をはるかに上回る30万筆以上の署名が集まった

既に閉店・失業が発生、にじむ危機感

   Save Our Spaceは音楽業界関係者を中心に立ち上がった署名活動で、安全のために新型コロナウイルスの終息までに中止した興行に関して施設の維持費・制作経費・人件費などの国からの費用助成を求めつつ、施設やイベントの感染症拡大防止に努めることを声明に掲げている。

   東京・渋谷のSUPER DOMMUNEから生配信形式で行われた会見では発起人の篠田ミルさん(ミュージシャン)、スガナミユウさん (ライブハウスオーナー)、Licaxxxさん(DJ)、Mars89さん(DJ)の4人が出席した。

   自粛が止まらないライブ業界の現状について、スガナミユウさんは「3月を乗り越えられるかどうかというお店もたくさんあります」「お店を閉じることで、照明・音響・出演者など、様々な方が職を失ってしまう事態が既に起きています」

   と窮状を訴えた。

   また自粛の拡大はエンタメ業界のみならず、クラスター感染の恐れが高いと小池百合子東京都知事が言及した飲食業界にも及んでいることにも言及、

「飲食店さんはどうなんだと、同じじゃないかというお話もいただきました。それもまたひとつ分断を生んでいるような気がします。すべての人にこの問題が降りかかっている中で、私たちは音楽や劇場・アートに携わる人間としてどうにかできないかと、声を上げております。飲食店さんも声を上げております。それぞれやはり必要な措置というのは違うと考えていて、それに応じた助成を行ってほしいと考えております」

   と、様々な業界への配慮を求めた。

   篠田さんは零細の事業者が多い音楽業界では「感染拡大防止のために閉めたいと思っても、破産してしまうから閉めることができないという踏絵に立たされている」と話し、金銭的な支援を求めた。また

「人間を人間たらしめている文化をはぐくんできたライブハウスやクラブや劇場を守るのは、ひいては我々が人間であることにつながると考えています。これは人間が人間であるために必要な措置だと思います」

   と危機感を説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中