2020年 10月 23日 (金)

ラジオの新型コロナ対策進む メインパーソナリティーの「リモート出演」も

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   新型コロナウイルスの感染拡大により、テレビ番組の収録が難しくなっている。濃厚接触を避けるため、「ソーシャルディスタンス」で出演者間の距離を開けざるを得なくなり、多数のタレントが出演する番組をはじめ、収録の延期や中止が相次ぐ。

   「3つの密」による感染拡大を避けようとしているのは、ラジオ番組も同様だ。2020年3月下旬から、各局が対策に乗り出している。

  • ラジオにもコロナ禍の影響が
    ラジオにもコロナ禍の影響が
  • ラジオにもコロナ禍の影響が

各局が「アクリル板」を相次ぎ設置

   ラジオ局での新型コロナ対策で、スタンダードになりつつあるのが「アクリル板」。広く知れ渡ったきっかけは、ニッポン放送による3月31日のツイートだ。「人数や座る位置によって様々なフォーメーションが可能な特注品」とあり、添付の写真を見ると、向かい合ったパーソナリティーやゲストの間に、透明のアクリル板が設置されているのがわかる。

   それ以降、ラジオ局や番組、出演者らの公式ツイッターで、各局にアクリル板を設置されたとの報告が続出。ざっと見る限り、TBSラジオ、J-WAVE、bayfm、茨城放送、CRT栃木放送、NBCラジオといった、スタジオの設置例が投稿されたほか、文化放送も4月3日午後、「注文していたアクリル板、ようやく届きました」とツイートした。

   出演者同士の感染予防に加え、リスナーへの配慮も行っている。TOKYO FMは2月28日から、東京・銀座のサテライトスタジオ「Ginza Sony Park Studio」での公開生放送を見合わせ、4月1日にはファンによる出演者の「入り待ち・出待ち」を全面禁止にしたと発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中