2020年 11月 26日 (木)

安倍首相の「うちで踊ろう」動画は、小池都知事・ヒカキン対談と何が違ったのか

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   安倍晋三首相が2020年4月12日にツイッターで公開した、俳優で歌手の星野源さん(39)との「コラボ」動画に対する非難の声が止まらない。

   元の動画は星野さんが3日、新型コロナウイルスの流行が止まらない中で外出自粛を呼びかけるべくインスタグラムのストーリーズで公開していた「うちで踊ろう」。同動画の公開は単なる配信に留まらず、外出自粛を呼びかける他の有名人に使用され、新たなコラボ動画が誕生するなど広がりを見せていた。

  • 安倍晋三首相(2020年撮影)
    安倍晋三首相(2020年撮影)
  • 安倍晋三首相(2020年撮影)

「余計なことしない方がいいよ」「センスはマイナス100点」

   そんな中、安倍首相も同様に星野さんの動画を拝借して外出自粛を呼びかける動画を作成し、ツイッターで公開。しかし、安倍首相の動画には「余計なことしない方がいいよ」「センスはマイナス100点」といった罵声が殺到してしまった。

   外出自粛を呼びかける動画だったにもかかわらず「大炎上」してしまった安倍首相。一体、何がいけなかったのだろうか。そこで、J-CASTニュース編集部はITジャーナリストの井上トシユキ氏に、その原因を聞いてみた。

   まず、今回の大炎上の原因について井上氏は、「危機感」が全く感じられない動画だったことが全てだと斬り捨てた。

「今回の動画は、あたかも、『受け狙い』で作ったかのような動画であり、国家のリーダーらしさのかけらもありませんでした。一方、先日のメルケル首相(ドイツ)の新型コロナウイルスに対する演説は世界中で感動を呼びましたが、それとは雲泥の差です。一言で言えば、『リラックスじゃねーだろ!』。安倍首相の周りにブレーンはたくさんいるでしょうが、その中で、止める人はいなかったんでしょうか? あるいは、この案を勧められて安倍首相はまずいと思わなかったんでしょうか? それほどの酷さです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中