2020年 9月 24日 (木)

宝塚歌劇団、新型コロナで「英断」 退団日延期にファン安堵「万全の状態で見送れる」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   宝塚歌劇団は新型コロナウイルスの影響で2020年6月末まで公演を中止し、また公演スケジュールの見直しと、現在発表済の生徒(団員)の退団日・組替えスケジュたからールの変更も決めた。4月9日の発表では、7月以降は「今後の状況を慎重に見極めながら、公演スケジュールの見直しも含めて」検討するとしている。

   2月末に最初に公演中止がなされて以降、3月9~11日と22日の再開以外は公演中止が続き、ファンを心配させていた。4月に控える初舞台公演や、トップスターの退団公演といいう一大イベントが控えており、これらが無事上演できるのか、という不安が生じていたためだ。

  • 東京・日比谷の東京宝塚劇場。3月27日に初日を迎える予定だった星組公演から中止が続いている
    東京・日比谷の東京宝塚劇場。3月27日に初日を迎える予定だった星組公演から中止が続いている
  • 東京・日比谷の東京宝塚劇場。3月27日に初日を迎える予定だった星組公演から中止が続いている

2度の大震災でも無かった決断

   2020年3月以降の宝塚歌劇団の公演スケジュールは、本来であれば4月の月組公演で新たに入団する106期生の初舞台公演があり、また21年初頭までに雪組と月組のトップコンビの退団公演が控えていた。特に初舞台公演とトップ退団公演は最も注目が集まる公演である。2014年に創立100周年を迎えて以後、毎年観客動員数を更新し続けていた劇団にとっても、順調な動員が期待されていた。

   トップスターの退団は、近年では退団日の8~10カ月前に発表されるのが通例。当初20年10月11日退団予定だった雪組の望海風斗(のぞみ・ふうと)さん・真彩希帆(まあや・きほ)さんは2月に退団発表があり、21年2月14日退団予定の月組の珠城(たまき)りょうさん・美園(みその)さくらさんも20年3月に退団発表がなされた。なお、どちらの退団日も決まり次第、改めて発表される予定だ。

   トップスターのようにスター格の生徒が退団する公演では退団者の集大成となる場面が用意されるなど、出演者とファン双方にとって力のこもったものになる。スケジュールは1年以上前に発表されるもので、本公演に加えて退団者の主演公演が用意されることもある。

   反面、1年以上先までスケジュールが決まっているので、公演期間の調整はほとんど例が無い。阪神大震災・東日本大震災が発生した時も発生直後の公演が中止になったが、中止公演の振替公演は開催されなかった。感染症の拡大が止まらない未曽有の事態で、抜本的な公演スケジュール見直しという、前例のない決断がなされた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中