2020年 11月 24日 (火)

外出自粛で混雑...レンタルビデオ店員のSOS 「危機感がない」客にヒヤヒヤ、働くのが「恐怖です」

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   新型コロナウイルスの中でも働く人の中で、「私たちの状況を取り上げてほしい、取材してほしい」人はいますか――J-CASTニュースがネット上で情報を募ったところ、際立って多くの「SOS」が寄せられたのが、DVD・ビデオレンタルショップの従業員だという人々からだった。 

   DVD・ビデオレンタルショップについて、東京都などは緊急事態宣言に基づいて休業要請をしているが、大手の1つ「ゲオ」は、ほとんどが短縮営業に留まっている。

   ライバルのTSUTAYAは、都内では20店が臨時休業している。短縮営業に留まる理由について、ゲオ側に話を聞いた。

  • 短縮営業などを告知したゲオの公式サイト
    短縮営業などを告知したゲオの公式サイト
  • 短縮営業などを告知したゲオの公式サイト

「お客さんはマスクをしていない人や家族総出で来店されてる方も」

「お客さんはマスクをしていない人や家族総出で来店されてる方もいます。そして色々なところに触れています。私は週末の夕方~閉店までのアルバイトですが、恐怖です」

   ゲオでアルバイトをしているという新潟県内のある店員は、J-CASTニュースにこんな悲痛な声を寄せた。

   東京都は2020年4月13日、DVD・ビデオレンタルショップも含めた休業要請リストを公式サイトで発表した。床面積1000平方メートル超の店舗は「要請」、100平方メートル超は「協力を依頼」、100平方メートル以下は「感染防止対策の徹底を依頼」との表現になっているが、基本的には休業要請の対象だ。

   ゲオでは、政府による緊急事態宣言発令後の8日、短縮営業や臨時休業の店舗があることを公式サイトで発表していたが、都などの要請が出た後も新たな発表はしていない。

   そんな中、店員だとする人たちからツイッターなどで営業継続などに不満の声が上がっていた。J-CASTニュースではサイト上で情報提供フォームを設けていたが、15日に改めてツイッターでこのURLを紹介したところ、ゲオ以外も含め、レンタルビデオ店で働く人々からの情報が多数寄せられるようになった。

   外出自粛を求められて「巣ごもり生活」になっている人が多く、そんな人たちが店に次々に来ているというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中